おおにし@若一

地元のY口さんは、やはり「しみず派」なようで、
「おおにしにカスあったかなぁ…」
と言っておられます。ということは「知らない」→「行っていない」ということですよね。
「まぁ、行ったことのない店に行くのが大切で…」
と言い訳をしながら、開会あいさつをして下さったMさん@前西成高校校長と大西に向かいます。Mさんはもともとからこのあたりがテリトリーだったようなんですが
「このへんのお好み焼き屋さんって、あったっけ?」
と言っておられます。
「ありますよ。たしかそこを曲がったところ…。ほら」
って、1回しか来たことないわたしがなぜ…。まぁお好み焼き屋への集中力の問題なんでしょうね(笑)。
お店にはいると先客が2人。お一人は第1分科会「部落差別」の講師をされていた方で、もうひとりは地元に住んでおられる方とか。Mさんもずっと実践を積み重ねてこられた方ですから、気がつくと4人で現在の部落問題についての熱い論議がはじまります。めっちゃおもしろい。

そうそう、お店のレポートですね。
T田林にもだんじりがありまして、店内いたるところにだんじりの写真が貼ってあります。店を切り盛りしているのは、当然お母ちゃん。あと、おじいさんもおられます。こちら、けっこうご高齢な感じなんですが、現役です。すごい。
メニューを見ると、ちゃんと「カスたま」とあります。よしよし。
鉄板の上に鎮座しているお好みを見て興奮です。この店もカスがでかい!

期待が高まります。やがて出てきたお好みがこれ。

小判型ですね。あと、マヨネーズのトッピングがデフォのようです。
で、ひとくち食べると…。
ちょっと生地は、わたしの好みとしては重めですね。少し固い。もちろんカスの味はきっちりと出ていておいしいのですが、これまた少し固い。う〜ん。
基本的においしいのはおいしいのですが、食感の問題なんですね。たぶん、こういうどっしりとしたのが好きな人もおられるでしょうけど、わたしはもう少しふんわりしている方が好きですね。
てことで、若一お好み対決は「しみず」に軍配があがるかな。Y口さんえらい!

てことで、恒例のdata。

カスたま 800円
ビール キリン大瓶600円
スタイル 混ぜ系
その他 メニューは豊富です。いろんなバリエーションがあります。あと、トイレが奥の方にあって、生活感があふれていて、なかなかいいです。今回は昼食を食べている最中の子どもさんが案内して下さいました。食事中おじゃましましたm(_ _)m
独断的評価 ★★★★☆(やっぱり食感の問題ですねぇ)

詳細なリンクも更新しました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。