自然さを追究する

今日は昨日おいておいたビデオ制作の続きをしましょう。
今やってるのは、とあるマスゲームの動画の編集です。マスゲームですから、遠方から撮影しています。当然のことながら、音楽と動きがあいません。さらに2方向から映してるので、それらをミックスしようかなと。どうすりゃいいかな。
てことで、動画1から音声をカット。動画2からも音声をカット。もう一回動画1をタイムラインに放り込んで、今度は映像をカット。この音声だけ残したデータにふたつの映像をリンクさせましょう。つまり、マスゲームの音楽のタイミングにあわせて動画を配置すればいいってことです。
ところがこれがめんどくさい。0.1秒ずれると違和感があります。うまく乗っけたと思ったら、「この動きはそこじゃない」みたいなところもあったり。それでもなんとか違和感がないところまで追い込みました。ついでに昔のマスゲームの動画も音楽のタイミングにあわせて配置。もちろんテンポが違うのでうしろはズレますが、頭のところがあってるから違和感はないかな。
違和感があると「苦労したな」って思われるけど、違和感がなくなると自然になるから、逆に苦労したことがなくなります。でも、その状態がベストなんですよね。まぁこんなマニアックなことをやって、しかもうまくやりきってしまうから、ビデオをつくれとか言われるんですね。
なんしか、一番の山場は終わりました。あとは、明日・明後日でなんとかなるでしょう。

なにが悲しゅうて

今日はオープンスクールらしいです。例年は説明会と体験授業と部活体験があるのかな。今年は部活体験はしないということですが、説明会はするようです。てことは、体育館の放送がある。
去年までは「わかってるね?」「はい」という子がいたのでなんとかなってたけど、今年はそういう子がいません。しかたないです。なにせ、機会がないですからね。
実は、昨日の放課後、よほどガッコに行こうかと思ったけど、なんぼなんでも手術直後の出勤はネタにしかならんなと思ったので、やめておきました。その代わり、水曜日に機材を揃えて置いておきました。なので、その機材を持っていってケーブルをつなげばことは済むはずです。もっとも、つなげられるかどうかは不安ではありますが…。
てことで、本日は休みだけど出勤。時間の余裕が必要なので、いつもより早い電車で行くことにしました。てことで、ガッコに着いたのは7時20分。なにが悲しゅうて…。
で、朝ごはんを食べて副支店長のところに行ったら
「なにやら、昨日遅くまでゴソゴソやってたで」
とのこと。不安やなぁ。
で、体育館に行ってケーブルをチェックすると、不安が的中しました。まったくダメダメです。わかってない。てか、セットしてあるんだから、それをどう使うか考えたらいいのに、セットしてあるのをバラバラにして無理やりつないでいます。まぁそれでも音は出ないわけじゃないけど、スマートじゃない。てか、体育館の機能を使いこなしてない。まぁ、知らないからしかたないんだけど、それにしてもなぁ。
なので、すべてを再接続。それを2会場やらなきゃならんから、めんどくさい。まぁでも早く来てよかったよ。
そうこうするうちに部員が来たので、「意図」を説明するとともに、正しい接続方法を指南しておきました。が、覚えてるかなぁ。また使うんだけどなぁ。
いちおうながらになって、ホッと一息。誰もいない体育館に音楽が鳴ってます。このひとときが好きです。他の人たちは準備でバタバタしている時間だけど、わたし(たち)はのんびりできます。放送特権(笑)です。
説明会がはじまる前に、撤収の順番を確認。
「なにから撤収しないといけないと思う?」
「ミキサーとか?」
「ちゃうね。スピーカーだよ。あれを撤収しないと、下に敷いてるシートが撤収できないでしょ?」
やがて説明会がはじまったので、わたしはハケることにしましょうか。Tシャツ・ジーンズでお客さんの前には出られません。裏方でチョロチョロしてたら
「このために音響さんを雇ってるんだ」
ってなりますね(笑)。
で、職員室でビデオ制作。若い衆が集めてくれたデータから使えるものをセレクトして順番がわかるようにリネームして。頭の中でイメージづくりです。まぁなんとかなるかな。にしてもめんどくさい。朝、支店長に
「あれ、いらん仕事やで」
と言うと
「楽しみにしてるで」
って言われたし、めんどくさい。
そうこうするうちに、ボチボチ説明会も終わるので、撤収かな。2会場のうちの片方はわたしがやりましょう。それにしでも、左手が使えないからケーブル巻くのが難しい。それでもなんとか撤収。
その後、放送部の子らと一緒にスクリーンの撤収です。まだお客さんがおられるけど、かっこよくやれば、撤収する風景を見てもらうのも、ひとつのプレゼンです。
機材をすべて放送部に運び込んだところで
「はい、すべてもとあったところに片づけ。そこまでやって撤収完了なんだよ」
とハッパかけ。これまでの先輩たちはこれをしなかったんだよなぁ。
そんなこんなで、午前が終了。さぁ帰ろうかな。
それにしても、なにが悲しゅうて手術の翌日にこんなことしてるんだ?

家に帰って、とりまお昼ごはん。ビールを飲もうかと思ったけど、ガマン。少しビデオ制作をしましょうか。ただ、寝転んでやりたい。そうだ、これだ!

ベストポジションです(笑)。
が、動画と音声がうまくあわないです。それにしても、なにが悲しゅうて手術の翌日にこんなことしてるんだ?これは明日だな。よし、ビール!と思って飲んだら、指がうずきはじめました。それも患部じゃなくて、指の先です。絆創膏、強すぎないか?

左右でコンプ

今日は右手に続いて左手の手術です。
なぜに今日?って話なんですが、いちおういろいろ考えてのことではあります。まず、右手は影響が大きいから夏休み中にしたかった。で、これが復活するのにどれくらいかかるかが知りたかった。お医者さんは「3ヶ月」って言ってたけど、実際には1ヶ月後には皮も貼ってて「来なくていいよ」状態になってました。ただ、今も皮が突っ張る感じはないわけじゃないです。でも、いちおう普段遣いができる程度にはなってます。なので、左手も一気にやってきまおうと。そこにはもうふたつあって、ひとつは冬に間に合わせたい(笑)。もうひとつは右手と同じ年内にすませてしまいたい。医療控除が楽になりますからね。そんな思惑の帰結が今日でした。しかも、前回の感染症検査から3ヶ月以内なので、今回はやらなくていいというおまけつきでした。
とは言え、朝はなにか特別なことがあるわけじゃありません。てか、単に忙しくなるだけのことです。普段より1本早い電車に乗ろうと思って、1本早い地下鉄に乗るつもりが2本早いのに乗ってて、楽々電車に乗れました。
おかげさまで、余裕を持ってガッコに到着。昨日洗い出した「足りないデータ」をメモ書きにして若い衆に託しました。若い衆、マジメで仕事が早いから、今日のうちにデータを揃えてくれるかな。そしたら、明日の休日出勤の時に作業ができて、大幅にあとが楽になります。
その後、1・2と授業。うーん、プロジェクタは説明するにはいいんだけど、問はやはり黒板だなぁ。うまく併用するやり方を考えようかなぁ。
で、2時間目が終わったら速やかに脱出。病院に向かいます。コンビニでおにぎりを買ってぱくついて、受付をすませて整形外科へ。
「指輪はつけておられませんね?ネイルもお化粧もしておられませんね?」
との確認をされたけど、まぁそういうことか(笑)。で、体温・血中酸素濃度・血圧を測って、しばし待機。そうそう、記念写真を撮っておかねば。


間もなく呼ばれて手術室へ。今回はボケなしで手術にのぞみました。
基本的には2度目なので、そんなにこわくはないのですが、それでも痛いのは痛いし、あとがめんどくさいのもわかってます。うーん。
とりま手術台に横になって点滴を…。イタタタた。
「すみません、抜きますね。もう一回」
をい!まぁしゃーないです。2度目はうまくいったみたいです。
やがてセンセ登場。
「よろしくお願いします」
てことで、どこを切るかの再確認。そうか、指じゃなくて掌なんだ。
い「中指のここじゃないんですか?」
医「いや、腱がこうつながっててね。ほら、つながってるでしょ?」
い「イタタタた。たしかに」
医「だから、ここを切ったら伸びるはずです」
い「なるほど」
お次は麻酔。これが痛い。けど、これをしなかったら、当然もっと痛い。ここから、準備が加速していきます。が、センセのボヤキもはじまります。
「これ、ハロゲンだから、もっと早くからつけておかなきゃダメやん」
「この取っ手、グラグラやん。抜けるやん。使い物にならんやん」
思わず笑ってしまいました。
そうこうするうちにメスが入った気配と、筋を切る感触が伝わってきました。ここまでいけば終わるまですぐですね。と、看護師さん
「針の準備をしましょうか?」
と、
「なんで縫うの?今まで何回もやってるけど、縫ったこと1回もないでしょ?」
詰められてるなぁ。
「ゲンタシンちょうだい」
看護師さん、バタバタ。
「なんでもっと早く準備しておかないの?プロとしての意識を持ってね」
さらに
「ここ、ガーゼ、とめて」
しばしのち
「止まってないやん。なんで?濡れてるから?ちがうでしょ?絆創膏が短いからでしょ?なんでハサミで切るの」
「そのほうがいいかと思って」
「それ、切れへんで」
ひたすらそんな会話が続きます。ひたすら笑ってました。点滴を抜きに来た看護師さんが
「おつかれさまでした」
って言われたので、わたしも
「みなさんこそ、おつかれさまでした」
と返事しました。
で、手術着からのお着替え。迎えに来られた看護師さん、他にもたくさん手術待ちの方がおられるので
「あと、わかってますよね。会計して処方箋をもらってくださいね」
と放置プレイ。ゆるいわー。
てことで、記念写真。

さてと。今日は飲めないな。
あとは家に帰ってzoomでミーティングをして…。素材がないからビデオはつくれないし、〆切が迫ってるゲンコをやらなくちゃね。
しかし、飲まずに寝られるかなぁ…。

びっくりした

今日は午前に宅急便が来るので、そいつを待ってから買い出しに行きましょうか。
宅急便が来るまでの間、少し走りましょう。なにせ、明日からしばらくは走りにくいですからね。今日も20分を少しまわるくらい。距離は3kmを少し過ぎるくらい。暑いししんどいけど、それでも走ることを拒否しない身体にしなくちゃね。帰ってきたら、軽い筋トレ。10回3セットにしましょうか。3セット終わったところで「もう少しできるかな」と思ったけど、やめておきましょう。
シャワーを浴びてひと息ついたら、ビデオ制作です。今日のタスクは手元のデータを素材化することです。素材化したら、自動的に足りないのがわかるので、明日の仕事ができます。
それにしても、こんなことやってるヒマとかないんだけどな。これがなかったら、どれだけ他のことができるだろ。
さてと、そろそろお昼だな。走るとお腹が減ります。昼ごはんが食べたくなってきました。が、宅急便が来ない。てことは家をあけられない。先に昼を食べるとビールを呑んじゃうし、そしたら買い出しに行けません。うーん…。
買い出しは今度にしよう(笑)。まぁ、諦めるのはビールでなくて買い出しってことです。
昼のビールはうまい!
そうこうするうちに、宅急便が来ました。届いたのはこれ。

『東京の生活史』です。漬物石に使えそうです。読むのはいつになるだろう。
で、少しお出かけ。もちろん車には乗れないので歩きです。
お家に帰ると、わたしあての郵便物が届いていました。中を開けると、出てきたのはこれ。

『現場で使える教育社会学 教職のための「教育格差」入門』です。パラパラとめくると「謝辞」のページにこんな記載が!

びっくりした。てか、「専門研究者」の中に名前が入ってる!
実は、2020年2月に知念さんから「査読をお願い」というメールが来ていました。はっきり言って、一介の大学院生が査読してええものかと思ったし、なによりわたしにはそんな力はないぞと思ったのですが、声をかけていただいたということは、知念さんたちは「いい」と感じられたのかなと思い、次のように返事を返しました。
「できれば今後教育社会学の世界で生きていきたいと思っていますので、仲間に入れていただくための「洗礼」と思い、引き受けさせていただきます」
すると、知念さんから
「この査読を引き受けていただかなくても、土肥さんはすでに教育社会学の世界の一員だと思います」
という返事が返ってきて、かなりうれしかったのを覚えています。
わたしが読ませていただいたのは寺町さんが担当されたジェンダーの章でした。もちろん「査読」なんてできないけど、自分なりに調べ、考え、書いてきたこと(笑)があるので、それにもとづいて感想を述べただけです。そんなわたしの感想にも寺町さんは得たことがあったと返事をくださいました。謙虚な方やなぁと思いました。と同時に、寺町さんの返事から多くのことを学べました。たぶん、こうやって積み上がっていくのかな。そこに少しでもいられることがうれしいな。

うるさい!

とりま、ビデオ制作が切羽詰まってきました。上映は来週の金曜日。当然木曜日には完成してないといけません。しかし、今日は授業が3時間+会議です。まぁそれ以外の時間に集中することにしましょうか。
職場に着いたら、いきなり放送関係の打ちあわせ。こういうのがあるんだから、ビデオ制作をわたしにまわすなというのに…。
その後、さっくりと授業を終え、いよいよビデオ制作開始です。この間方向性が出せたので、それにあわせて素材を集めて並べていく作業をすればいいわけです。並べていくと、足りない素材が顕在化します。それを探してデータ化する。この繰り返しです。
それにしても、昔の写真はたしかにおもしろいです。ビデオに出てくる写真は氷山の一角です。その背後には、山のように「使えないけどおもしろい」写真があります。
あと、年代によって写真の撮り方も違います。さらに、卒アルを見ていると、時代によって「つくりかた」がずいぶんと違いますね。例えば、かつては教職員は集合写真を使っていましたが、最近は個別の写真になっています。あるいは、生徒の服装が、かつては冬服だったのが現在は夏服になっていたりもします。そういう違いがある中で、使えるものを探していると、突然
「ビデオ、早くつくらんとアカンで」
という声が飛んできたので、思わず
「うるさい!」
と反応してしまいました。すると
「すまんすまん」
と。まわりの教員は笑っていました。まぁ笑いごとなので「うるさい」って反応したんですけどね。これがほんとうに怒ってたら、全然別の反応をしていただろうな。
昼休みは放送部のミーティング。マジでやばいな。でも、今の勢力でなんとかしのぐ以外方法がありません。まぁでも、「わたしの時代」の終わりってことですね。
そんなこんなで、あっという間に定時です。そこからひとつ用事をして、あわてて駅まで走ったら、安定の遅延です。さすがやな。

めっけ!

今日の午前はもともとはヤクゲトに行こうと思ってたけど、それどころじゃない状況なので2ヶ月後に延期しました。それどころじゃないのはビデオ制作なんですが、あれ、わたしの本務なのか?はなはだ疑問だし、「つくらなくていいじゃないですか」という人もおられるんだけど、まぁしかたないです。
てことで出勤。と、大学生とおぼしきおねぇさまおふたりの会話の声が大きい。たぶん声の調整ができないんですね。まぁ、わたしが過敏なだけかもしれませんが。しかたないので、久しぶりにノイズキャンセリングヘッドフォンに出動してもらいました。
で、職場に着いたらデータ探しです。若い衆がおもしろいデータをとってくれてました。そうか。昔は長崎に行ってたんだ…。たぶんその前に平和学習とかやってたんだろな。でも、たぶん人権学習はしてなかっただろうな(笑)。もちろんふたつは対立するものじゃないです。が、どちらかに軸足を置かなければならない状況があったとき、どちらに置くのかは、その人の考え方が出てくるかな。てか、当時は「考え」じゃなくて「立場」とか「信条」だったりするか。
で、わたしはまたまたオープン・リールのビデオの相手です。まずは20分のリールをまわしましょう。後半10分は生きてました。が、おもしろくない。なんで入場行進&開会式を延々と撮してるんだ?まぁでも「その時」はそれが貴重だったんでしょうね。結局ありませんでした。
次は60分のリールです。これがめんどくさい。なにせ空きリール側が動かないから、わたしがまわさなきゃなりません。これもまた、延々と入場行進を撮してます。さらに音声がない。まいったな。お次は借り物競争です。まぁええけどね。
と、あれ?みんな並んでる。これはもしや…。あった!これがほしかったんですよね。おそらく現存する最古のうちのガッコのマスゲームの動画です。てか、マスゲームじゃないな。体操だな。たぶん、当時は午後の体操程度の位置づけだったのかな。でも、ヤンチャそうな生徒も含めてみんなやってるから、授業で練習したのは間違いないですね。体育の教員に見せたら、「なるほどー、少しずつ変わってるんですねー」と感心してました。
これで午前の仕事は終わったな。てか、昼前やし。

午後は出張です。会議の中で人権学習の題材をどう提示するかって話が出てきました。
わたしははじめて担任をした時のはじめての同和学習で与えられたテーマが「自分を語れ」でしたからねぇ。2時間語りましたよ。だから、ほんとはそれをしたい。その後は、自分がやりたいことを同和部に提示して、それをやってきましたからね。そのあたりはこれに少しだけ書いてあります。
でも、今はパワポを出してるらしいです。それはそれでかまいません。まぁ、「ていねいな資料を出せば、自ずと自分のことを語ってくれる」とのことだったので、たぶんそうなんでしょう。まぁ、「やりたくない人」を相手にした時期が長かったから、そうはならなくなったんでしょうね。

出張が終わって速攻帰ったら、少し時間ができました。よし、走ろう。今日は500mばっか距離を伸ばしてみました。その後、筋トレ。きついけど、やろう。腰のためです。
で、恒例の会議。今日は人数が少ないので1時間で終わりました。助かった。ようやくビールにありつける。
長い1日だったなぁ。

解決策

昨日、腰がクキッとなってから、立ち上がるたびにツキンという痛みが走ります。どうする?接骨医に行く?
ただ、原因を考えたら、おそらく筋力不足ですね。てことは筋トレする方向で考えるのが「わたしらしさ(笑)」です。なので、走りましょう。
こういう方向でものごとを考えるようになったのはこの頃からかな。そしてそれが成功したって経験が大きいです。
考えてみたら、5月は走ってたんですね。でも、6月に1日走ったところで走らなくなりました。まぁ、暑かったのと忙しかったというのが理由ですか。なので、3ヶ月ぶりってことですね。
久しぶりなので、ゆっくり20分。3キロが目標です。とにかく焦らない。飛ばさない。アップダウンも控えめです。平坦路をゆっくりと走って、少し汗ばんで帰ってきました。いい気持ちです。
帰ってきたら、ほんの少しだけ筋トレです。今まではVシットをやってたけど、今回はレッグレイズでいこうかな。背筋のためにUシットも少しだけ。
今はめんどくさい仕事をやらなきゃならないから、あまり時間がとれそうにないけど、可能な範囲で続けよう。
なんと言っても、秋が近づいてます。そしたら、冬はもうすぐそこにあります。

ミロさんの大生誕祭

少し前にfacebookで大黒堂ミロさんの第生誕祭の告知がありました。場所はさどヤンやんさんのところだとのこと。これは行かねばなるまい。ただ、場所がわからないと思っていたら、ミロさんの親切なお友だちから「一緒に行ってあげるよ」とのお言葉。優しいなぁ。
てことで、I川さんと合流していくことになりました。
ところが、朝、腰に軽い痛みが走って、これはアカンなと。どうしようかと思ったけど、まぁいいやということで出発です。
ミロさんとはじめてお会いしたのは7年前かな。その後、映像の中でお会いしました。そらにじブースの裏でもお会いしたかな。他にも何度かお会いしているはずです。まぁただ、最初の出会い方が「凍蝶図鑑」だったというのは、あまりにも強烈すぎて、おそらくミロさんに対するバイアスをかけてしまったんじゃないかなと。
そんなことを思いながら、I川さんと合流。いろいろ話を聞かせてもらいながら十三へ。そこから淀川に歩いて行くと、向こうの方で頭が見え隠れしています。あそこか…。
てことで、さどヤンさんのおうちに到着。
ここが、あの「淀川アジール」かぁ。たしかにアジールです。
それにしても強烈なにおいがしますが、どうやらペットの「ピーちゃん」のにおいらしいです。でもまぁ、そんなにおいもだんだん気にならなくなってきて、そうこうするうちにいろんな人が集まってきて、生誕祭がスタートです。知りあいといえばS津さんとH貴さんくらいかなぁ。さどヤンさんもお手伝いして下さいます。
そうそう、ミロさんに持っていくべきものを聞いたら「自分の飲み物と、さどヤンにはワンカップ」とのことだったので,最小限の飲み物を持っていったのですが、みなさん盛大に持ってきておられて、もっと持ってきたらよかったなと。
ここでおいしい食べ物と楽しい話を、名も知らぬ人びと相手にいっぱいしました。
やがて夕暮れ。

メッチャきれいです。さどヤンさん、毎日この風景を見ながら生活しておられるんだなぁ。そして、夜景。

そろそろ撤収というときに、さどヤンさんのところに行って、しばし一緒に巨人阪神戦を見てみたり。そして、記念写真を撮らせてもらいました。

かっこいい。
てことで、暗くなったところで撤収です。帰り、ミロさんから、ミロさんがつくられるコミュニティの話とかいろいろ聞かせていただいて、なるほどなぁと思ったり。とにかく広くて深い。わたしもたいがいだけど、ミロさんはもっとすごいな。でも、それはミロさんの生き方だからできること。わたしはわたしにできることをやりましょう。
それにしても、呑みすぎた。食べすぎた。さすがにしんどいな。とにかく帰ってシャワーを浴びて。小腹が減ったので、こいつを食べてみたり。

「ペヤングの獄激辛」です。辛かった。思わず生卵を落としてしまったので、負けですね^^;;
さぁ、寝よう。

おべんきょ会

今日の午後は3ヶ月に1回の「おべんきょ仲間」と「おべんきょ会」です。ちなみに、この「おべんきょ会」はセンセの最終講義の日にやることにしたものです。
おべんきょ場所を離れてしまうと、なかなかおべんきょってできません。ましてや、仕事をしながらとなると、仕事が優先で、その些末なことに追われて、まったくおべんきょが進まなくなります。それでもおべんきょしなっくちゃならない。
で、かなり切羽詰まってるのがふたり。ひとりはもちろんわたしです。そしてもうひとり、先輩でおべんきょ成果を出さなかった人がいます。てことで、たぶんこのふたりがもっとも積極的かな。
今回は、わたしの当番です。が、発表というよりも相談ですね。この「相談」ができることがうれしい。
相談内容は、大きくは2点です。ひとつは「目次」をどうするか。もうひとつは「鉤括弧問題」です。てことで、トラウマをほじくり返すようなことをして、みなさんからご意見をいただきました。
うーん。
よかった。ほんとうによかった。脳みそが久しぶりに活性化したという感じです。そしてなにより「書こう」という元気をもらいました。
まぁ10月1日まではややこしいけど、それが終わったら、ほんとうに書きはじめよう。

つくれるところはつくるんだけど

昨日今日、休みの教員がおられて代講に行きました。
昨日は「なんかピリッとしないな」って感じできたが、今日はまぁまぁかな。
ーーー
みんな、解の公式って覚えてる。ちゃんと覚えておかなきゃならないよ。
かつてね、解の公式を見て「cがかわいそう」って言った子がいてね。ほら、aとbは2回出てくるけど、cは1回しか出てこない。だからcはかわいそうなんだって。
それを聞いて、キュンキュンしましたよ。
ただね。cはすごいんだよ。実は、実数解を持つかどうかはcが決めるんだよ。aをプラスにしたとき、cがマイナスなら必ず実数解を持つ。実はcってすごいんだよ。
ーーー
これを聞いてうなづいてる生徒がいたからうれしかったです。

あとの時間はビデオづくり。
ちなみに今日は車出勤なので、オープニングの映像の撮影をしてみたり。あとは切り貼りですね。ビデオまわしてくれた若い衆、「うまくいってるかどうかわかりませんが」って言ってたけど、まぁええんとちゃいますか。うまくつながったし。
昨日ストーリーをつくったけど、はじめの方の素材が来週にしか手に入らないので、ここでストップ。
あとは来週やな。しかし、できるんやろか…。