祭り

朝起きると9時です。でも、昨日寝たのが2時だからなぁ。で、いろいろこなして、午後は弟の寺へ。ここで2家族会議。みんな前向きやなぁ。えらいなぁ。
てことで、晩ごはんはサイゼです。なんでも上の子と下の子がピザを食べまくりたいんだとか。なので、えらい量を注文しました。

サイゼ祭りです。
わたしもピザを1枚分+α食べることになって、おなかがはちきれそうです。なのに子どもとパートナーはドルチェも頼みます。しかたないので、わたしはグラッパ。
いやぁ、食べた食べた。
家に帰ってお風呂に入って寝ましょうか。

役まわりはこなせたかな→言葉のパワー

朝、目が覚めると7時。まぁこんなもんかな。とりま、お風呂に入って朝ごはんですね。そのまま9時過ぎまで部屋でダラダラして活動開始です。
会場まで移動して、みなさんにごあいさつ。と、山本さんが来ておられます。たぶん今回ずいぶんとご苦労されたんだろうな。
やがて東海講座の開始です。どれくらいの参加があるだろうと思ったけど、100人くらい来られてて、ほぼ満席です。よかった。
第1講は桒原さんのレクチャーです。とにかく話の内容はマジメです。ご自身の実践に基づいた話は、王道ですね。ただ、体調がイマイチなので、少し外に出て古川さんと話すなど。そうこうするうちに昼前になったので近くで牛丼を食べて腹ごしらえ。帰るとすぐに昼休みになったので、機器のセットです。
てことで、1時からがわたしの出番。内容をどうしようか、ずいぶん悩んだのですが、やはりミッション3で攻めることにしました。前の方に三重の友だちのSか田さんとかY山さんがおられます。この人たちは笑ってくれるかな。
てことで、お座敷スタート。
今日も快調に飛ばします。みなさんあっけにとられてます。いかんいかん。笑ってもらわねば。てことで、「笑っていいですよ」とお願いをしたあたりから、少しずつ場が和んできました。よかったよかった。
それにしても、ミッション3の1時間半バージョンを選んだんだけど、なぜか2時間半バージョンとあまり変わりません。おかしいな。でも、スライドってはじまってしまったら、そのスライドに沿って話をするしかないので、まぁいけるところまでやりますか。
てことで、快調に飛ばして、そこそこ笑いもとれて、ええ感じかなと思ったのはいいんですけど、残り20分の時点で、まったく終われそうにないことが判明。しかたないので、後ろに座っておられる古川さんに「終われる気がしないんですけど」と言うと「ええよ」と返ってきたので、そのまま延長戦に突入。結局10分オーバーで終了です。きっと古川さんの歌を聞くために来ておられる人もいたんだろうな。ごめんなさい。
で、10分の休憩時間にいろいろあいさつしたりして、すぐに第3講の古川さんの登場です。古川さんの話は前に一度聞いています。なので、今日は前のときの話を思い出しながらのんびり歌を聞いてました。が、新幹線の時間があって、古川さんの話を最後まで聞けません。残念やなと思いながら会場をあとにしました。

帰りの新幹線、何をする元気もありません。やはり身体が疲れてます。てか、眠い。ウトウトしながら、なんとかかんとかたどり着いたのは大阪駅です。今日はなぜかこのイベントの前夜祭に乱入させてもらうことになりました。
なんか、豪華なメンバーがそろっておられます。てか、話されてる内容についていけない(笑)。たぶん、今わたしが外部からの情報をシャットしてるのがアカンのでしょうね。なので、はじめのうちはもっぱら聞き役。
でも、そのうちマイノリティの話になってきたので、このあたりからわたしも混じろうかなと。で、マイノリティの持つ「刀」の話をしたら、温さんが「刀を持たされることもある」と言われました。なるほど。ただ、「刀」というメタファーと「持たされた経験」=「持たされた刀によって、自らを傷つけた経験」が、ご自身の柔らかいところに突き刺さったのかな、つらい思いをさせてしまいました。
言葉って、難しい。言葉は基本的にはパワーなので、それは時として暴力にもなりますからね。
でも、笑顔でもどってこられて、そこからしばし総括です。
そんなこんなで10時過ぎにおいとま。楽しかった。げど、メッチャ疲れた。

ヤツらの要求

朝、やはり眠たいです。睡眠時間が必要なのはわかりきった話なのに、しかたがないですね。
今日は40分授業です。でも、試験範囲を終えるために必要な時間はせいぜいが15分。あとはプリント学習です。なので、あっという間にレクチャーが終わります。おそらくこれがほとんどの子にとっての「最後の数学のレクチャー」になります。
てことで、サックリと授業を終えて、あとは「仕事の振り返り書」の資料づくりをしたり、はたまた今度つくられる予定の大学向けの教科書のゲラを初稿を読ませてもらったり。これ、おもしろい!そこに筆者としてではないけどかかわらせていただけるのがうれしいです。
放課後は月曜日にある特殊業務の準備。と、校門の外に「やりがいのある子」が3人ばっかいます。でも、特殊業務が優先です。放送室でゴソゴソしてると、若手教員が
「Oせんせいがお呼びです」
とのこと。これは「やりがいのある子」関係やな。めんどくせー。Oせんせいのところに行って
「なに?」
と聞くと
「ヤツらはいつきを要求してます」
マジか…。人質かよ。
行くと、最近来なくなった「気になるクラス」の子でした。
「せんせい、授業おもろいか?」
「静かで楽やけど、ちょっとつまらんな。今日な、みんなに「あいつらが来なくなった原因つくったの、お前らにも責任あるやろ」って言ったんやわ」
「知ってるで」
「誰に聞いた?」
「〇〇」
「ふぅん」
みたいな会話。
それにしても、なにもできなかったわたしを、それでもヤツらは要求してくれたんだ。それだけで、なんか、少し救われたかな。
そんな気持ちで職場を出て、向かうは静岡です。明日はこのpdfファイルのお座敷です。なので、今日は前夜祭。
なんか、何もできてないのに、人権教育の研修会で話すのは気が引けるなと思ってましたが、それも「ヤツら」のおかげで少し楽になりました。なので、全国組織のえらい人々と飲んでみたりました。一次会はサックリ終わって、その後この間ご一緒できなかったY山さんたちと合流。ワインボトルを頼んだら甘っ!「王様の涙」でした。
その後、コンビニで缶チューハイをゲット。部屋呑みをしたけど、当然最後まで飲めずダウンです。

屋根に雪が降り積むとき→相変わらず

朝起きると体調はまぁまぁです。そこそこの時間に寝ることが大切ですね。
今日も気になるクラスはうるさい。というか、気になる子がうるさいだけですけどね。ところが、授業の後半、その子が寝ちゃいました。しゃべり疲れたのかな(笑)。
でも、そこからとたんに静かになりました。その瞬間、三好達治の詩「雪」が頭の中をよぎりました。
ーーー
太郎を眠らせ、太郎の上に雪降り積む
次郎を眠らせ、次郎の上に雪降り積む
ーーー
教室の中は雪の夜のような静けさです。やはりこっちのほうが好きだな(笑)。
ただ、明日で試験範囲が終わるから、こんな時間はもうないでしょう。
てか、アクティブ・ラーニングって、こういう静かな時間は望むべくもないから、やはりアカンと思うんだけどなぁ。

で、午後は休みをとって滝井参り。が、とにかく眠いです。起きてられるかなぁ。受付したらすぐに呼ばれたのでビックリ。やはりこちらの人数は少ないんだな。O田さんとは30分ほどよもやま話。まぁいつものことですね。
そしてまんまるの会。とにかく眠いので、早くビールが飲みたい。てことで、自己紹介をさっさと終えて、ビールの買い出しです。あとは厨房にこもって調理です。
前回、たまごを焼いてそれなりに好評だったので、今回も焼くことにしました。今回はトマトのオムレツとチーズのオムレツです。フライ返しがないから焦げ色つけずにつくるのは至難の業です。特にトマトのオムレツは難しいです。まぁしゃーないです。あとはいつもの「眠々のセミ餃子」です。
調理もひと息ついたところで、若い衆としばし話。が、昔話になるのがアカンところです。てか、若い衆から「ギャル」とか言われるのもまたアカンところです。
そんなこんなで9時くらいから退散の準備。9時半前には「ゴメン、お先」と退散です。さすがに最近しんどい。それでも家に帰ったら11時。やはり遠いわ…。

出会いをつなぐ

さすがに昨日9時前に寝たので、3時くらいに目が覚めました。そのまま「寝られない」とおもってたけど、目覚ましで目が覚めたので、たぶん寝てたんでしょうね。ずいぶん身体の調子はマシです。
今日も授業はサクサクやりましょう。
「次は練習○ね」っやって、そのあとの答えを指名するかわたしがやるか。それぞれにメリット・デメリットはあるけど、今日はわたしが解きましょう。てことで、面積の問題はほぼ終了。残りはプリント学習です。やはり問題を解かなきゃどうしようもない。
ちなみに、「ほぼ」ってのは、1問だけ解いてない問題があるからです。これ、変な問題なんです。たぶん、3次関数を出しにくいから、その代わりに出してるんだろうけど、あれはいらんな。なので、最後の「その他のプリント」に託します。
4時間目、どうしようか迷ったけど、せっかくなので「走り」に参加。結果はこれ。

1kmを5分ちょいのペースで4km走れたのがうれしい。

で、1時間年休をとって職場を脱出。向かうはJCILです。「悪友」の子どもさんをJCILのみなさんに会わせようかなと。ただ、わたしとJCILのつながりはこの日だけです。そんな時に頼りになるのが松波さんです。今日も引っ張り出してしまいました。すんません。
でもおかげさまで、ほんとに有意義な時間が過ごせたんじゃないかな。見てる、なんかすごくしっくりとはまっておられた感じがありましたね。というか、流れる時間が同じ感じがするんです。
わたしはなんにもない人間なんだけど、いろんなつながりがあって、頼れる人がいて、それがわたしの財産なんだなって思ったひとときでした。
そういや、いつの間にかわたしも聞き取れるようになってきた気がするな。まぁまだまだなんだけど、少しうれしい。

家に帰ったら、家族みんなが待っててくれて、なぜかすき焼きです。食べすぎた(笑)。

ひたすら呑む

朝起きると9時過ぎです。眠い。さてどうする?
とりま、鍋が残ってるので、それを始末しなきゃならんですね。
ただ、なんとなくおなかが減ってない。とりまおふろに入ってからかな。
そこからちょこちょこ切ったはったをしたら11時。頃もよし。ワインを買って、荷物を持って、外鍋です。今日は陽射しが暖かいです。ここでまたまたいろんな話。それにしてもSおりちゃん、苦労を呼び寄せる人だな(笑)。
で、陽が少し傾いたしワインもほぼあいたので、部屋にもどって、チューハイを仕入れて、フェアウェル部屋呑み。
結局6時間飲んだところで解散です。
家に帰ると晩ごはん前。
おふろに入って、晩ごはんを食べながらビール飲んで、さすがに限界が来たので寝ることにしました。
てことで、奇跡的な9時就寝。今日は12時間しか起きてなかったのか。でも、こんな日があっていい。

仕事を振り返る

朝、職場に行ってPCに火をくべてメールチェック。と、約束通り校正原稿を送ってくださってました。ありがたい。パラパラ見ると、話し言葉を残しながらも正確な記載に変わっていて、ほんとに申し訳ないなと。
ということで、午前の空き時間に組版が終了。これで入稿できます。
その後、「仕事の振り返り書」に着手。「何をやってきたか」をひとつひとつのペーパーに対して書かなきゃなりませんが、これが難しい。ひとりで書いたものはやりたかったこと、やったこと、できたことが簡単に書けますが、共同でやったものはそうはいきません。でも、それは同時に、そこまで自分の中でこなれてなかったことの証左です。反省だな。
てことで、のつこつしながらも書き終えて、チェックしていただくためにI田さんに送るなど。定時に上がろうとしたところにI田さんから電話。アドバイスをしてくださろうとしたけど、PCの火を落としたところです。ここからPCを立ち上げてプリントアウトしたら、電車に間にあわない…。と、朱をいれてくださるとか。申しわけないです(;_;)。

で、京都駅でSおりちゃんと合流。今日は鍋パです。ビール→ワインと進んで、あっという間にワインがなくなりました。どうする?まぁええか。てことで、近くのコンビニでワインを買ってさらに飲む。こいつもあっという間にあいてしまいました。どうする?まぁええかと、ウィスキーをなめなめ、なんだかんだと話。
そういや、サシ飲みははじめてでした。
てことで、気がつくと1時半。寝よう。

今年も母女→悪友と

今日は大津で近畿ブロックの「母と女性教職員の会」があります。しんどいなと思いながらコーヒーを淹れて、窓の外を見ると、雪!

マジか。まぁでも毎年こんな日は何日かあるんだけど、今年は少ないだけのことですね。
てことで、電車に乗って大津に向かうんだけど、山科でも雪。そして大津も雪。雪の中をしばし歩いて会場へ。この時点でなんとなくボーとしてます。
で、「女性部長会議」を終えて(笑)、午前の記念講演。講師は艮香織さんです。はじめてお会いしたのは、たしか11年前です。あの時はたいへんでした(笑)。その後、長い長いブランクがあって、その次はHリムさん企画の時ですね。あの時はすげーって思いました。で、今回の母女をするにあたって、地元のOくちゃんさんが「ガチの性教育の講演を企画したい」とのことで、「つきましては艮さんをお呼びしたいけど、どない?」とか言われて「それええやん!」となって、今回の企画になったと。
今回は2年前と違って「人権とは」という話から入られました。と、滋賀のお友だちのE川さんから「えらそうや」とのメール。えらそうなわけではないのですよ。聞いてる人の大多数は教職員で、その人たちに「知識」の伝達をしてるのですよ。なので「知識や理屈、あるいは言葉として「知っておく」ことは大切かなと思ってます」と返事しときました。いや、ほんまにそうなんですよ。どこかで誰かからツッコミが入った時に「アワアワアワ」ってならないためにも大切なんです。
あと、やはり「性」は「人権」ってことはおさえとかなきゃならんですよね。隣の人と「これまで受けてきた性教育について話す」というセッションがあったので「どんなの受けてきました?」と聞くと「男女の身体の違いとか」って言われたので「それ、生物ですやん」とツッコんでみると「たしかにそうですね」と。
いや、生殖器の話も大切です。でも、それを教えることを性教育とは言わない。同時に、例えば「人間関係」を教えることも大切なんじゃないかな。だからこそ「人権」がからまってくる。
艮さんの話は、そこからユネスコの話とかWHOの話とかに進んでいきます。が、ここらあたりで、明らかに時間が足りない(笑)。てか、スライド見ると、もともと時間が足りない。てことで、ここらへんは最小限で飛ばされて、最後の最後に再び「人権」へ。ネタはどこかで聞いた話です。それがちょっとうれしかったかな。

昼ごはんのあとは、分科会。わたしは「女性の生き方」分科会の司会です。いろいろ変だけど、もっと変なこともあったから、ええんでしょう。
ちなみに分科会の前に「討議の柱」を考えなきゃならないのですが、おふたりの提案者の共通項を必死で考えました。かたや子どものアドボカシーの話、かたやご自分のライフストーリー。共通点はどこか。いろいろ考えたんだけど、自分がジェンダーにからめとられながらもそれに気づいてない状況から、今の状況へと変わっていかれたんだなと思ったので
「「気づく、向きあう、変える」でどない」
というと
「教研やー」
って笑われました。そりゃそうだ。
分科会の前半は提案者の話。おふたりともマジメです。そしてがんばり屋さん。そのこととジェンダーが結びつくんですね。でも、渦中にいるとそのことに気づかない。さらに言うなら、ジェンダーが内在化している。だから逃げられない。それがどこかで破綻する。それは子育ての中であったり、過剰な家事であったり。そこでようやく気づく。そこから自分が置かれている「位置」と向きあう。そして自らの生き方を変えていく。そんな話でした。
で、わたしの司会は後半、いわゆる討議の時間です。誰も発言しなかったらどうしようかと思ったけど、けっこう活発に発言が出て助かりました。でも、あえてグループ討議の時間をつくったり。
そうそう。
「いつまで性別でわけるのか。最小限必要なところ以外はわけなくてもいいのでは」
とかいう話が出てきて、さらに
「最小限必要なところって?」
という問いに、
「身体」
ってつぶやきが聞こえてきて、メッチャ反応しかかったけど、ここで反応したら共同研究者になるのでガマンするなど(笑)。
てなことで、分科会も無事終了。

分科会のあとは懇親会。4時半から6時半というメッチャ早めの晩ごはんですが、遠方からの人もおられるのでしかたないですね。ビールがキリンだったのでラッキーでした。
で、懇親会が終わったら京都駅へ。そのまま、なぜか南行きに歩いて、とあるホテルへ。ここに大学時代の「悪友」が泊まってます。なんでも今度子どもさんが京都の大学に入学されるんだとか。てことは、また会える機会ができるかな。韓国料理をつつきながら、悪友とかおつれあいとか子どもさんとしばし懇談。
でも、明日は仕事だ。早上がりにしましょうか(^^)。

まぁつつがなく

目が覚めると6時。寝坊ができません。でも、ふとんでゴロゴロするのは大切かな。8時前までゴロゴロして、ふと「整形外科に行こうかな」と。
実はダメな1日を過ごした最後、駅前でコケて、ひざを打ったみたいなんですが、まだ違和感がのこってるんですよね。走れはするんだけど、階段を登るときに膝を外へ逃さないと、小さな痛みが走ります。
てことで、いつもの整形外科へ。待合室では事務作業。でも、すぐに呼ばれました。
医「どうされましたか?」
い「酔ってコケました」
まったく動じられません(笑)。さすがや。
医「そんなに酔うんですか?」
い「いや、眠くなるんです」
まったく動じられません。まぁ、すでに慣れておられるんでしょうね。
結論的には、ヒザのお皿を保持している腱のうちの1本がダメージ受けていて、ほっとけば治るらしいです。ひと安心。
家に帰って事務作業の続き。よし、ほぼできた。あとは最後のゲンコが来たら、そいつを組んで、ページ振ったら入稿できます。
続いて20日が〆切の書類づくり。いろいろものすごく悩んだけど、とにかくダメもとでチャレンジしてみようかな。そこからしか「次」はありません。
と、資料がない。資料を探すのは今日しかない。てことで、実家へ。たしか資料をダンボールに入れておいといたはずです。で、実家に行ったけど、ない。てことは…。仕方ないので、子どものバイクに乗って、山の中をくねくね。おぉ!楽しい。山の中で発掘作業をして、無事90年代の資料を見つけました。よかった。
家に帰ったら1時をまわってます。昼ごはんだな。やはりこれだな。

休日の昼ごはんはトゥンセラーメンです。
久しぶりの猫の額。

陽射しが暖かいです。
午後は書類づくりの続きです。んーと、ここは何を書くんだ?幸いアンチョコを送ってくださってるので、それを見ながらゴソゴソ書くんだけど、つくづくわたしって人権一筋で来たんだなと。いや、人権一筋と言えば聞こえはいいけど、数学についてはなにもしてない。いや、なにもしてないわけではないけど、それを「形」にしてない。なので書くことができない。
でもまぁええか。しゃーないというか、それが自分の軌跡なんですよね。
てことで、夕方にはストップ。
晩ごはんは子どもがつくったタコのおでん。タコの足を蛇腹に切って串にさしてくれてます。手が込んでる。うまいわ。
ついでにちょいと夜ふかしして、下の子どもと一緒に「マツコ会議」を見るなど。東京藝大すげえな…。

不気味(笑)

朝、楽です。やはり飲み会がなければ翌朝は楽なんだな。
問題は気になるクラスで昨日切れたから、今日どんな感じで「入り」をしようかなと。いろいろ考えたけど、とにかく昨日切れた子に「すまん」から入ることにしました。当然その子も「いや、ボクも」ってことで、この件は終了。
で、少し話。
「昨日、小学校の1年生の授業見てきたんやけどな。みんな一生懸命「すごい」を伝えようとしてたんや。それを見ながら、なぜ切れたかを、ずっと考えてたんやわ。でな、もしかしたらと思ったのはな、言葉やねん。昨日の小学生は、必死で「すごい」を伝えてた。その言葉は「つながるための言葉」やったんやわ。それに対して、最近のこのクラスの言葉は、「この言葉を言えば相手は黙るだろう」という、要は「つながりを切るための言葉」な気がしたんやわ。たぶん、それやと思う。そういう言葉をさんざん聞かされて、それがガマンできなくなって、プツンと切れたんやと思う。まぁ、昨日のはとばっちりと言えばとばっちりなんやけどな」
そんなことを話して、もう一回子どもたちが授業とつながるための復習をしました。寝てる子もいたけど、昨日切れた子は必死で勉強してました。というか、教室がシンと静まり返ってました。久しぶりです。
まぁ不気味ではあるけど、こんな時間もあっていい。

てことで、授業が終わったら、ひたすら事務作業。とにかく2月の間にやらなきゃならんことがドカンとあります。〆切が早いのからサクサクやらなきゃならんし、やれば終わる。3月にホッとして、ほんとにやらなきゃならんことをやるために、今はガシガシやるしかないですね。
帰りに血液検査の採血。さぁ、今回はどんな感じかな。もちろん気になるのは肝機能(笑)。昨日は家だったからなぁ…。