産社の可能性

今日の午前は分科会です。さてさて、どんなレポートが出てくるのかなぁ。そんなことを思いながら座って分科会がはじまるのを待っていたら、昨日一緒に二次会に行った人が隣に座って
「ありゃ、どうも」
「おはようございます」
みたいな…。
で、レポートの内容は「労働」。「産業社会と人間」という科目における労働観の育成みたいな話でした。個人的にはかなり興味があるというか、参考にしたいというか、さらにいうなら少しうらやましいというか、そんな内容なんですが…。
ところどころに出てくるんですよね。ヘテロ的なものが。で、思わず隣の人と
「これ、どーする?」
「いつきさんから問題提起を。あとから追撃します」
みたいな会話。

「産業社会と人間」は、総合学科の必修科目なのかな。で、レポーターの方は、それなりの学力が必要と考えておられるようなんですね。でも、そうじゃない実践例が大阪にあるわけです。
大阪の場合は、学力的にしんどい層が入ってくる学校でこそ必要だと考え、そういう組み方をしています。まぁ、それぞれの県の作風というのがあるので、どこかでやっていることをそのまま他県に持っていってできるわけでもないので、それはそれでいいんですが…。でも、「産社」って、可能性がある科目なんですよね。
ちなみに、わたしはうちの職場でもやればいいと思っていたのですが、一笑に付されました(笑)。そのあたりが「うやらましさ」につながっているわけです。
そうそう。あと、論議の中で「教員は世間知らず」という自己批判が出てきたんですけど…。ほんとにそうなのかなぁ。
考えようによっては、教員ってすごく「つながり」の可能性を持っているんじゃないかと思うのです。例えば、普通に生活をしていたのでは絶対に会えなかったであろうムラの人や在日の人にも会える。それだけじゃなくて、さまざまな仕事をしている人や、ほんとに遠い地に住んでいる人とも会える。子どもを通して、すごくいろんな人とつながる可能性を持っているわけです。そこで身につける価値観は、あまりにも多様性に飛んでいる。まぁ、それが「世間知らず」と言われる所以かもしれませんがね(笑)。
そんなことを考えたひとときでもありました。

2 thoughts to “産社の可能性”

  1. 『「教員は世間知らず」<中略>ほんとにそうなのか』

    知ってる"世間"が、それぞれ違うだけでは?と思います。詳しい世間が一人ひとり違うだけ。で、自分が知ってる世間が重要な局面で、相手がそれを知らないと
    「こいつ、なんて世間知らずな!」
    と、傲慢にも思ってしまう。私も、ついつい思うことがあるし、逆に他人から「世間知らず」と罵られることも多いですね(私は、関心分野が他人と大きく違うので、知ってる世間がだいぶ他の人とズレてるらしーです)。

  2. まったくその通りなんです。
    ただ、「世間」から「教員は世間知らず」と言われ続けて、それを教員自身が内在化しちゃってる気がするので、それに対して、ちょっとカウンターを出してみたというところです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。