でも覚えていることはある

もうかれこれ7年ほど前からのつきあいの中国帰国の子。もうひとつの「顔」と出会えました。
そうなんですよねぇ。どこにでもいるはずなんだよね。にもかかわらず、「その側面」をないことにして、いままでつきあわざるを得なかったんだ。
「ほんとうに言えなかなったこと」
と言っていた。その顔と出会えたことが、今日の一番の収穫でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。