今度こそピークであってほしい

朝起きて、とりまメールをチェックすると、校正サービスから返ってきてました。とは言え、校正段階で、逆にまちがってる可能性もあります。とりま、読んでみないとわかりません。
今日はリライトの〆切です。やらなきゃならんことは、もっかい全部読んで、不要な文字や記号を削除すること。あるいは必要に応じて表現を変えること。内容を変える段階ははるか前に終わってます。てか、ここで内容を変えたら、またリライトです(笑)。
あとは「虻」の点検ですね。こちらはK淵さんの文章と校正サービスの文章を突きあわせながら、「牛」と読み比べです。
だけど、授業が4コマあります。どないすんねん。まぁ、労働者の正当な権利を行使すればいいか。
てことで、校正サービスのを読みはじめたんですが、真っ赤です。なので変更履歴を消したんですが、なんか難しいぞ?たぶん「難しい表現スイッチ」を押したのがアカンかったのかな。
そんなこんなで1時間目は6人講座です。30分でサックリ試験範囲を終えて、あとは「おべんきょ成果」読みです。みんな自分で解きながら教えあってます。楽というかなんというか。たまにわたしに質問しようとする子がいたら「せんせーは論文やし」とか言ってくれます。いえいえ、ちゃんと質問には答えますよ(笑)。
で、休み時間に同じセクションの英語の教員に「これ、どない思います?」と、失礼なことを頼んでしまいました。こんな時、つくづく数学の教員は役立たずやなと思います。
2年生の授業はガチでやらねば。でも、さすがは高次方程式。意識不明になるヤツが続出です。やることが決まってるから簡単なんだけど、それができないんですよね。
で、やっとやってきた空き時間は、気がついた修正を加える時間です。もうほとんどないですけどね。でも、あらためて、カギカッコを多用する自分の文章がうざいってわかりました。まぁ、カギカッコのネストはないからLISPほどではないですけどね(笑)。なので、カギカッコの削除です。
と、英語科の教員曰く。
「ネイティブチェッカー、ここを飛ばしてはりますよ」
とのこと。
そうなるんですよねー。なので、google先生の協力のもと、ネイティブチェッカーのチェックの開始です。てか、K淵さんの方がわかりやすいし、「牛」からそのままやってるから正確です。でも、ネイティブチェッカーの文章は他の表現があることを意味してます。なので、ふたつの文章を読み比べて、いいとこどりをしようかなと。
こんなことをするとなると、実は家より職場の方が便利だったりします。英語の専門家もいて、いろいろ調べることができる環境があります。逆に、おべんきょ成果に直接関係のある本をこんな日に読んでたらアウトです。てことで、労働者の正当な権利を行使するのはやんぺ(笑)。その代わり、同僚に迷惑かける選択をしてしまいました。

ちなみに、これはこれで「人権担当」としては、ギリギリ仕事の範囲だと思ってます。だって、仕事上、人権関係の専門書を読むこともあるし、文章を書くこともあります。なので、専門書を書く、そのはるか前段階としてではあるけど、少なくとも人権について考え書いてるんだから、仕事の一環です(笑)。

定時を少しまわるところまで英語ととりくんで、いつもよりひとつ遅い電車でお家へ。
家に帰ったら、今度はお手紙書きです。
うーん、「断念したこと」の理由を書くのがたいへんだぞ^^;。とりま、書くだけ書いて、おふろ→ビールです。子どもたちと一緒にテレビを見てゲラゲラ笑って、9時半くらいから再びお手紙です。
ダメダメ先輩に
「こんなふうになりました」
って送ったら
「そんな「あきらめました」って書いたらアカンやん」
とダメ出し。で
「なんでそんな書き方なん?」
って聞かれたから
悪魔の証明
って答えたら
「さすがにそれは書けんわな」
とのこと。ま、そーゆーことです。
で、最終的に、「このおべんきょ成果ではそこまで書けないので、その手前でやめることにして、これからやります」って感じで、お手紙もfix。時間は10時半。さぁ、メールしましょうか。
これまでは最終日もバタバタしてました。でも今回はなにげに余裕がありました。なんなら
「〆切早く来い」
くらいの気持ちでした。途中10連休も含む長い長い1ヶ月でした。でも、まだ〆切が来ないなら、そのぶんよりきれいに整えようと思ってました。
今回で5度目のアタックです。できれば今回はピークであってほしい。素直に切にそう思いました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。