平常運転

今日から時差登校&40分×6限(7限)になります。なんか、身体がすっかり40分授業になってます。まぁ50分でも40分でも変わりはないのですがね。
それにしても、なんかピリッとしません。まぁ、わたし自身ピリッとしてないのですが、子どもたちがなぁ。とにかく欠席が多い。担任さんに聞くと、みんな体調不良なんだとか。まぁそれならしかたないとも言えるけど、でも、明らかな体調不良はしかたなしとして、「ある体調を不良であると感じるかどうか」はメンタル的なところもないわけではないですからね。

ちなみに、わたしもけっして絶好調というわけではありません。じゃ、好調かというと、そういうわけでもない。なので「体調不良なので」って言って言えないことはないんだけど、そう言わないだけのことです。
てことで、授業がはじまるまで読まなきゃならないペーパーでも読みますか。読んでるうちに「あれ?」って引っかかりました。「性的逸脱行為」って言葉があります。「逸脱?」。こんな時はKうさんに聞くに限ります。
「性的逸脱行為って使います?」
「使うこともありますよ」
そうなんだ。逸脱かぁ。逸脱なんて、逸脱行為を定めることによって正常が構築されるわけで、そんなの社会的な問題じゃんって思うのですが、おそらく(精神)医療の世界では、そうやって構築された「正常」からはずれた行為を「逸脱」としてあつかってるんだろうな。ウロボロスです。
で、ピリッとしない授業をさっくり終えて、「そうだ!」と思い立って「ハンセン病問題の施策提言のための自主ゼミナール」の動画を見ようかなと。ちなみに、第1回のスピーカーは神父さんとこの間メッチャお世話になった太田さんです。
で、神父さんの話を聞きながら「ん?」ってなりました。むかーし「GIDしずおか」に呼んでいただいた時にお会いしてるんですよね。
いろいろ途中でジャマ(笑)がはいりながらも、おふたりの話を聞いて、いろいろ考えました。
「ハンセン病の隔離政策に加担したという意味では加害者。しかし加担させられたという意味では被害者。だから当事者であるという意識を持つ」
というのは、わたしにとっては新しい観点ですね。
2年生の人権学習のネタをひとつ増やさなきゃならんので、ハンセン病をやろうかなぁ。ただ、やるためには「なぜ」ってのを自分の中に落とし込まなきゃなりません。
しばし妄想をふくらまさなければ。
そんな感じで定時が来たので帰りましょうか。
帰りの電車でもペーパー読み。逸脱なぁ…。

修理な1日

ふと思い立って、キャンプテーブルを修理することにしました。
うちにはキャンプテーブルがメッチャたくさんありますが、メインで使うのは3つで、すべてロールテーブルです。ロールテーブルの天板はいろんなパターンがありますが、うちひとつは中にゴムが入っていてつながっています。このゴムが経年劣化で伸び切ってしまって、片方が切れてしまっています。こいつを修理しようかなと。
とりあえず、ゴムを買ってきて、穴を通して…。といえば簡単そうですが、穴を通すのが難しい。てか、穴の数が多い。天板は12枚。うち10枚は入り口と出口があって、かつ往復あるので4箇所あります。両端の2枚は往復の折返し分なので2箇所。てことは、片側だけで44個の穴がある。さらにそれが2セットあるので88個の穴を通さなきゃなりません。さすがにめんどくさいです。が、やらなきゃ修理ができない。それでも修理を終えたら気持ちいいです。これでこのテーブルも使いやすくなりますね。
お次はインターホンです。2週間前にいったん直ったのですが、やはりダメになりました。てことは、子機がダメなんだな。ちなみに子機はナショナルのVL-568KAというやつです。生産終了してるので17000円くらいします。こんなのやってられません。なので、アイホン 【IF-DA】 玄関子機を買ってみました。
ネジを外して交換するとポンづけできました。これは簡単やな。当然ビーンポーンとなります。
よかったよかった。
有意義な1日でした。

レスト

今日はとにかく寝たいです。ここ2ヶ月くらいずっと脳みそ使い続けたからなぁ。目は覚めたけど、ふとんでゴロゴロ。その後、恒例の猫の額で朝ごはん。

「菅、総理、やめるってよ」
ですね。
その後、母親のところに物資を運んで。
午後はダメダメ先輩とドライブ。野菜を買いに道の駅めぐりです。道の駅の野菜は安くておいしいです。あと、思いもよらないものがあったりします。
帰りに肉を仕入れて、夕方はダメダメ先輩のおうちで焼肉です。

野菜はこのために買いました。うまいわ。
そんな感じの休みな土曜日。

初の?学会発表

今日は日本解放社会学会の大会2日目です。昨日の「おべんきょ会」は1日目なのでした。ただ、今日もフツーに仕事はあるので、とりま出勤。1・2と授業して、職場を出発。JR→市バスと乗り継いで、女坂を登って、着いたのは京都女子大学です。
教室に入ると、向こうから福岡安則さん金明秀さんがやってこられました。久しぶりやなぁ。おふたりは学食に行かれるんだとか。しまった、学食があったんだ。
わたしは下の子どもが握ってくれたおにぎりをパクパク。塩味が足りない。というか、ない。やつ、塩を入れてないな。おかかのおにぎりも塩味なし。ダシのみのおにぎりでした。
ちなみに向こうでコンビニのおにぎりを食べておられたのは河口和也さん。思わず「お座敷で府中青年の家裁判をあつかってます」と言うと、笑われました。
で、なんで来たかというと、今回の大会のテーマ部会が「トランスジェンダー問題」とのこと。わたしには「学校の中のトランスジェンダー」について話してほしいとのことです。んー、少し違うんだけどなぁ。でも、まぁええかと引き受けたのですが…。
ところが、他のメンバーを見ると、堀あきこさんとか藤高和輝さんとか仲岡しゅんさんとか、そうそうたるメンバーです。当然話の中身もトランスヘイト関連の話です。しまった、完全に浮いた…。
やがてzoom参加者の入室がはじまりました。えーと、なんでねん。N田彩さんをトップにM田りりぃさんとかKむうじゃさんとかFる久保さくらさんとか、もう大変な人々です。緊張やなぁ。
てことで、テーマ部会の開始です。まずは堀さん。ネットにおける言説分析です。おもしろい。よくわかります。が、長い(笑)。たしか質疑応答入れて30分とか言ってたのに、1時間やっておられます。まぁええか。続いて藤高さん。千田有紀さんの論考と杉田水脈さんの文章の分析です。実はこのために千田さんの文章を読んだんですが…。
たぶん、千田さん、そもそもあの文章、トランスジェンダーのことを書きたかったんじゃなくて、第三期のフェミニズムのことを書きたかったんだろうな。それの題材としてトランスジェンダーを使った。と同時に、ほんとうにトランスヘイトをなんとかしたいと思っておられるんだろうな。だからトランスジェンダーを使った。が、それが結果的にトランスヘイトの文章になってしまった。でもこれは深刻ですね。だって、トランスヘイトをなんとかしようと思って書いた文章がトランスヘイトになるってことは、考え方そのもの、捉え方そのものがトランスヘイトであるってことです。なんか、闇が深い。
そんなことを考えながら藤高さんの話を聞いていたのですが、なるほどなぁ。せっかく身体から自由になったはずなのに、トランスヘイトの考え方を突き進むと、身体は国家の承認によって意味づけられることになるのかぁ。ということで、難しい話を簡単に話されるのですが、これまた長い。1時間でした。
ここで休憩。えーと。テーマ部会は3時間半だけど、3時間くらいで終わろうねって話になってたはずですよね。ここで2時間使ったってことは…。まぁええか。
3人目は仲岡さん。法律の実務家として、メチャクチャ現実的な話をされます。わかりやすいです。ちなみに、ふだんからfacebookで読んでるのですが、それをもう少し深堀りされました。まぁ理想論を語るわたしとは対極にありますね。ただ、両方とも必要なんじゃないかなとは思ってます。ちなみに50分。
わたしの持ち時間はほとんどないですね(笑)。
ちなみに、わたしは学会で発表するのははじめてです。正確には2回目か。はじめての学会発表はwpathの時ですね。ただ、あの時はポスター発表でした。オーラルは今回がはじめてです。
なので「はじめてです」というと、福岡さんとか亘さんが「ちがうちがう」と言っておられます。たぶんこの時のことを言っておられるんだと思うのですが、あの時は発表という感じじゃなかったからなぁ。
で、わたしの話は2015年と2019年のおべんきょ成果のスーパーダイジェストです。こないだ1日でつくったレジュメです。が、これをまとめる過程でいろいろ考えることができたのはよかったです。「おべんきょ成果のまとめ」をつくるヒントができました。さらにコメントももらえたからよかったかな。ちなみに時計を見ながら話したので30分で終わりました。
さらに休憩をはさんで、コメンテーターの河口さんからコメントもらって簡単なディスカッション。で、長い長いテーマ部会も終了。
その後、福岡さん・明秀さんと一緒に軽くごはんを食べて、これまた長い長い1日がおわりました。

今頃だけど

今日は某受験企業のテスト日です。実はもともとは本店独自のテストをしてたんだけど、たぶん使いものにならない&採点をわたしたちがしなきゃならないってことで、某受験企業のテストに移行しました。たしかに本店のテストはうちの子ら向けではなかったから、ほとんどの子らは寝てましたね。それに比べたら、受験企業のテストはいろいろ分析もしてくれるし、それはそれで便利なんだろうけど、なんだかなぁ。
で、どういうわけか、60分のテストのカントクがふたコマはいってました。おかしいな。2時間目は授業がないはずなのにな。
それ以外の時間は明日に備えて少しおべんきょ。
実はトランスヘイトの人たちがどんな感じなのか、わたしは「闘って」いないのでよくわからないんですよね。なぜそうなるかというと、facebookの「友だち」はカウンターやってる人と人権がらみの人だし、twitterでフォローしてるのもカウンターやってる人と教員関係が多いので、そもそもトランス関係の人とはあまりからんでないという。なんでこうなったかというと、twitterはじめた少しあとにヘイトスピーチにショックを受けて、そこからカウンターに行くようになって、そこでの情報交換にtwitterを使うようになったからなんですね。まぁそんなだから情報が入ってこないんです。
ただ、明日はおそらくそういう話がメインになるだろうから、少し予習をしておかねばと。ちなみにわたしはまったく違う話をするんですけどね。
で、送られてきたペーパーから、とりあえず千田有紀さんの文章をめぐるやりとりなんかを読んだんですが…。みんなかしこやなぁ。いやはや、すごいです。ただ、自分の拙い話の中にも「からめるところ」がありそうなので、そこだけは押さえておこうかな。
午後はせっかくなので、zoomでおべんきょ会に参加することにしました。実はこの時間を確保するために、一昨日・昨日と必死で仕事を片づけたのでした。ついでに言うなら、おそらく「人権担当」という仕事をしてる以上、このおべんきょ会は「研修」として位置づけることができるはずです。最先端って、与えられるものを待っているだけではダメで、こういうところに行かなきゃ触れられません。
てことで、最先端の話を聞いたけど、なかなか刺激的でした。が、zoomは退出したら突然日常にもどってしまいます。余韻がないのが残念ですね。しかたないけど。
てことで、帰り道、いろいろおべんきょしながら帰りましょうか。

なにが悲しくて

朝、メールチェックをしたら、「これどうよ?」メールが入ってました。中身を見たら息がとまりかけました。前に出したところがまた出してる。どういうこと?まぁ、ダメだったことだけはわかります。しゃーないな。
さてと。今週は時差登校&午前4時間授業です。が、わたしは出張の関係でほとんどの授業を午前にしてもらってるので、こんな時は授業まみれになります。今日も4時間のうち3時間授業です。まぁ、昨日必死で採点したテストを返す&1学期にやった内容の復習プリントを配るだけなので、たいしたことないといえばないんですけどね。
そういや、ものすごく久しぶりに9月1日に授業があるわけで、そうなると、やはり「話」をしなきゃならんですね。
「君たち、今日はなんの日か知ってる?」
なんか今年の子らは反応が薄いですね。去年の子らだったらいろいろ返してくれるんだけどなぁ。
そこから関東大震災のこととか、自警団のこととか、朝鮮人虐殺のこととか、大川さんのこととか、ひとくさり話しました。
その後、夏休みの宿題チェック。今年は言い含めておいたので、作文コーナーにいろいろ書いてありました。ひとり「センセにとって数学とは?」みたいなことを書いてる子がいたので「数学を知ると世界の見え方が変わる」とだけお返事を書いておきました。
で、自炊開始。約400ページの本を一気にやったんだけど、保存しようと思ったら、すでにやってました。やれやれ。
お次はこの間の川崎さんの講演の感想文の入力です。ほんとはもっと早くやりたかったけど、できなかったんですよね。
音声入力を使えばあっという間です。ちなみに同じ部屋の人も慣れてきたのかな、わたしが音声入力をはじめると静かになります(笑)。とにかく入力を終えて、若い衆に投げました。おもしろい感想文もありました。みなさん、どう読むのかな。
それにしても、ノンストップで仕事しましたね。さすがに疲れた…。

と、モルタル職人さんからメール。「京都にいるよ」とのこと。なのでほんの少しだけ会うことに。ここでいろいろ情報交換したり、スキーの話をしたり。
そんなこんなで、最後は楽しい時間が過ごせたかな。

そして2学期

とうとう2学期のはじまりの日が来てしまいました。もちろん、こういうのは学校教育労働者の感覚でしかなくて、それ以外の労働者は「なに言ってんねん」であることはわかっていますが、それはお互いさまというものです。
なんしか、突然、職員朝礼などというものがある日がくるわけです。ない日が続いていただけに、この違和感たるや。
そんなこんなで、朝から大掃除があって、zoomの始業式があって、テストがあって。
午後はテストの採点です。今回は進学系クラスと普通クラスを同じ試験にしたけど、びっくりするほど結果が違います。普通クラスは中学校の学習内容が定着してない子が相当数いますね。まぁだから普通クラスなわけなんですがね。それを前提にしなきゃならんってことがよくわかります。
そんなこんなで4時頃に一段落。
あとは久保敬さんの文章を読んでみたり。あぁ、これ、若い子らに読んでもらいたいな。生徒指導部内の回覧にしましょう。
そんなこんなで、定時に退勤。

前夜

朝がイヤなのは、別に生徒に限ったわけじゃないです。教員だってイヤです。とくに9月1日が近づくとしんどいです。しかも、今年は8月31日始業です。なんで回復とかしなきゃならんねん。まったくもってわからない。休校は休校でええねん。しかも、covid-19で人の流れを抑制しろと言ってるのに、それを増やす行為をしてどうすんねん。
という気持ちで出勤です。
ちなみに、うちのガッコは明日始業だけど、多くのガッコでは今日が始業のようです。もう世の中終わってます。
てことで、ガッコに到着したら、とにかく明日のテストの印刷です。その後、解答づくり。配点していって、ピシャリ100点になると気持ちいいです。今回つくった2種類のテストの片方が100点で、もう片方が101点だったので、気分よし。
ちなみに午前に職員会議、午後は進路研修。そのあと、明日の始業式が各教室にzoomで配信されるので、それのテスト。
そんなこんなで1日が終了。やれやれ…。

それにしても、送られてきたペーパー、おもしろいんだけど、書式がこれでいいのかわかりません。たぶん、「作法」がいろいろ違うんでしょうね。てか、なんで精神神経科系のペーパーの査読をしなきゃならんのだ?てか、そんなのできると思ってるんだ?

yah

大阪を中心に活動してるyahというグループがあります。メンバーはほぼ知り合いだったりします。ちなみに、若い子らの集まりとのことですが、気がつくと「それなりの歳」になるのは当たり前なのだよ。
で、「来られたら来ませんか?」と声をかけられたので、行くことにしました。
朝イチ、昨日つくったレジュメを少し修正して送ってしまいました。これでひと安心。
目指すは、いつも交流会のキャンプをやってるO田センセの別荘です。
途中高速の分岐を間違えて少しまわり道しなきゃならなかったけど、海岸線を走れたので、よしとしましょうか。
で、到着したらみんな集まってました。わたしは主として母屋まわりの起動係。それがすんだら、あとは飲むだけです。
メッチャ暑いけど、7月の暑さとは、また違いますね。ほんの少しだけ日が柔らかい。でも、暑いものは暑い。となると、お酒が進む。肉も進む。野菜も進む。
思わずfacebookに投稿。

さらに追い打ち。

たぶん読んだ人「うがー」ってなってるだろな。来ればいいのに。てか、早く来られるようになればいいんだよな。
そんなこんなで楽しい1日でした。が、疲れた。というか、酔っぱらったわ。

一難去って、今度はニ難

この間、ようやく4人のおべんきょ成果を出して、ホッとしたのも束の間、来月号のゲンコがやってきました。それをこの間やってたのですが、なんとか昨日のうちにほぼ仕上げて、今朝、最終チェックして送りました。
で、ふと「来週末の学会のレジュメの締切っていつだっけ?」とメールをチェックすると「報告者は28日までに」とあって肝が潰れかけたけど、「テーマ部会は29日まで」とあって、少しホッとしました。が、明日じゃん。今日じゃないってだけじゃん。
それにしても、学会のテーマ部会のレジュメって、どう書くんだ?考えてみたら、文系の学会で発表するの、はじめてです。で、たぶん学会ごとにレジュメが違うのかな。途方に暮れたけど、まぁいいやとつくりはじめました。
と、ここで他のアドレスのチェックをすると、「査読して」とのメールとともにペーパーが送られてきて、打診もないのかとびっくりするなど。てか、なんでわたしが?まぁでも、こちらはペンディング。
今日の夕方は「お呼ばれ」なので、それまでにやらなきゃ。
まぁ、これまでやってきたことをコンパクトにまとめるだけのことだし、これをやることは「後々」のためになるので、とにかくやっつけましょう。
えーと、あれをこうやって、これをここに入れて。まぁ、なんとなくそれらしくなったかな。最後は文献リストをつくって、とりま終了。
1日でつくっちまった^^;。
アカンなぁ。
で、夕方はとあるセンセのところへ。専門は文化人類学とのことですが、3月までのセンセの先輩なんだとか。狭いというか、そんなもんというか。ここでゴスペルのことをいっぱい教えてもらいながら、センセの手料理をいただくなど。
少し心が豊かになって、気持ちよく帰りました。