もうひとつ先

今日も今日とてバタバタです。
まずは午前に3時間連続授業。ただ、こうやって授業をつめてもらってるおかげで、午後がフリーになるので感謝です。ちなみに1時間目はオリエンテーション。そのあとは2時間連続なので、ガンガンすすんでしまいます。まぁええか。
で、午後は薬物乱用防止教育です。従来は「ダメ絶対」ということで警察を呼んでやってましたが、ここ数年、うちの職場では警察を呼ばなくなっています。一昨年は加藤武士さん。まぁ、毎年来ていただいてますが^^;。去年は谷家優子さん。加藤さんと一緒に活動しておられますね。てか、去年はリビングライブラリと薬物乱用防止教育が同じ日で、シッチャカメッチャカでした(笑)。ちなみに、薬物乱用防止教育は生徒指導部の所轄ですが、「警察以外」となると誰に頼めばいいかわかりにくいので、わたしに相談が来るようになってます。なので、知っている限りの人を考えてお願いしています。今年は松本俊彦さんにチャレンジしたけど、さすがにムリでした。となると、誰だ…。で、思いついたのが石塚伸一さんです。
石塚さんは犯罪法の専門家で、かつダルクの支援者です。法律から考えるってのはこれまでなかったし、それよりなにより薬物乱用防止教育の「その先」は「回復者を包摂する社会こそ、依存症を生み出しにくい社会」なんじゃないかって直感があって、そういう話をしていただけたらなと思いました。で、40分という短い時間ですがお願いしたら、快く引き受けてくださいました。
話はじめられた瞬間、「うまいわ」と。さすがは大学教員です。とにかく惹きつける語り口です。そして中身がおもしろい。薬物の基礎知識とか、法律とかって難しそうなんだけど、それをわかりやすく語られます。「薬物なしで生きられないなら薬物をやればいい」とぶっこんでこられます。なるほどな。そりゃそうです。その薬物といかにうまくつきあうのかが大切です。だからこそ、依存性の高い薬物は避ける。あるいは、用法を守る。でも、守れないほど傷ついている人が依存症になる。そこから回復しようとする人は、人とのつながりの中で回復していく。だからこそ、回復者が包摂される社会である必要がある。
そんな話だったかな。
最後のメッセージは「薬物を根絶できるか」「それはあなた次第」。深いメッセージですね。自己責任とか「強い意志を持って」という捉え方もできるけど、たぶんそうじゃないです。どういう社会をつくるかってことです。それが子どもたちに届けばいいな。
講演が終わったら、体育館の片づけ→石塚さんの送り、帰ってきたらすぐに掃除カントク。放課後は部活体験。目まぐるしいです。4時頃にようやく「ながら」になったので、走ろうかと。ただ、30分は時間がとれないので、25分を飛ばし気味で走ろうかな。結局4kmちょっとを1kmを5分43秒のペースでした。一番早いのは5分27秒。さすがにきつかったけど、気持ちいいな。

けっこうええんちゃうん

今日は朝イチリハビリ診察です。150日ルールが適用されたあとは、2週間に1回診察に行かなきゃなりません。ただ、それも今日を含め2回でおしまいです。
医「どうですか?」
い「こんな感じです」
医「ほう、だいぶあがるようになりましたね。115、120手前かな」
い「リハビリで正しい腕の上げ方を教えてもらえるのが助かります」
医「なるほど。じゃ、4月いっぱい正しい腕の上げ方を指導してもらってください」
てことで、今日の診察も終了。それにしても「正しい腕の上げ方」とか、考えようによってはマニアックやなぁ。そんなこと考えるの、友だちの中ではKっ川くんくらいかな(笑)。
で、ガッコへ。
今日は出張のない出張日なので、授業はありません。が、あれやこれやと事務仕事があることが判明。なんか、ウロウロしてるだけで午前が終わりそうです。
昼は昼で自転車通学者の登録とかあって、1時前にようやくおべんと。
おべんと食べ終わったら、昨日の感想文の入力開始。もちろん音声入力です。ただ、しばらくやったら6時間目にある避難訓練の放送セット。と、なにやらおかしなマイクがあります。なんだろと思ったけど、そうか。仮設のワイヤレスを小体育館においてるのか。
「それでこの間突然Yせんせいの声が大体育館に鳴り響いたのか」
とは体育教員の弁。そらあんた、周波数が一緒ですがな。てことで、ついでに周波数を変更してみたり。
避難訓練が終わってひと息ついたら、すぐに掃除カントクです。なんか、今年の掃除カントクの範囲、異様に広いぞ?まぁ、教職員数が減ったからそうなるのはわかるんだけど、それにしてもあんまりだな。掃除カントクが長くなったので、呼び出していた子は帰ってしまったか?めんどくさいな。
しかたないので、放送部室へ。今日から3日間、体験入部です。誰も来ないかと思いきや、ふたり来てくれました。入ってくれたら助かるな。
「そういや、明日、薬物乱用防止教育があるし、スクリーン吊りやって」
てことで、新入生を連れてスクリーン吊り。ところが、ギャラリーの下で部活やってる教員が
「スカートの中にパンツ履いてないと困る」
とのこと。なんでも気になるんだとか。放送部員は
「なんでやねん。気にするのがおかしい」
とか怒ってます。こいつら、真っ当なんだけど、この真っ当さがおかしく聞こえる世間だな。
「ほな、明日は見せパン履いてきてな」
とか言ってるわたしもおかしいかも。
そんなこんなで、4時前から再び作文入力開始です。
読んでた時は気づかなかったことがいろいろ出てきますね。
少なくない子が
「考えるだけではダメで、動かなきゃならないと思った」
って書いてます。もちろん、そういうふうに習ってきたんだろうけど、そしてそう書くのが正しいと知ってるんだろうけど、その「正しさ」を書けばいいことがわかる話だったんだとすると、やはりうれしいですね。さらに
「権利を奪われた人がいるということは、「助けて」という言葉に応える人がいなかったからだ。そして応えなかった中にはわれわれも入る」
みたいなことを書いてる子がいて、これまたすごいなと。
世界人権宣言の授業はすでにプレゼンがあるから、あれを使えば誰でも同じことができるはずです。が、ほんとうはできない。それは、あのプレゼンをつくる過程で、わたしの経験をまぜこんだし、さらにわたし自身の気づきがあった。だから、ところどころにエピソードを混ぜ込んでるんですよね。
「人権はだれか一部の政治家とか、人権を守られてない人を見た人がつくったと思ってた。でも、人権を守られてない人が声を上げ、それを見て一緒に動いた人がいたからできたとわかった」
って感想文がありました。たぶん、例えば女性の参政権の話もしたし、ヘイトスピーチ規制法の話もした。ヘイトスピーチの話をする時は、必ずカウンターの話をします。そこにはたくさんの仲間の写真があります。そんな人々を「カウンターの人たち」ではなく「仲間」として語ることが、さっきのような作文へとつながるんだと思います。
てことで、5時15分に入力終了。あとは新しい若い衆にまかせましょう。せっかくなので放送部室に行って
「すごいやろ、5時15分にガッコにいるぞ」
と言うと
「すごい!」
と言われるなど。さらに
「1年生に顧問のことを紹介するとき「5時15分まで学校にいるのを自慢しに部室に来るセンセ」って言わんとアカンやん」
とか言われて、納得するなど。
さぁでもそろそろ帰ろう。明日も忙しい。

今年もやってきた

今日はフレッシュマンセミナーの2日目。最初のコマは「世界人権宣言」のプレゼンです。新入生のオリエンテーションで、いきなり人権学習する学校ってどれくらいあるんだろう。
うちのガッコは、もともとは人権のコマはありませんでした。それが10年くらい前から10分くらいのコマをつくりました。その時は世界人権宣言のプレゼンは4月の終わりにやってました。が、ロングホームルームのやりくりがしんどくなって、去年からフレッシュマンセミナーの人権の時間を50分にして、ここで人権教育担当のオリエンテーション+世界人権宣言のプレゼンにしました。なので、コマそのものは減ったということになります。が、まぁそれはそれかな。
問題は、最初のコマってことです。てことは、8時くらいから機材のセッティングをしなきゃなりません。どないすんねん(笑)。まぁでも放送部の部員が来てくれて、難なく終了。やはり放送部はこうでなくっちゃ。まぁ、働き方改革とは真反対ではありますがね。
てことで、プレゼン開始。みんな、よく聞いてくれます。メモもガッツリとってくれます。なんか、打てば響くような感じです。フレッシュマンです。
終わったらすぐに感想を読みましたが、「中学とは違って」という言葉がチラホラ。まぁこの子らが大学に行ったら「高校とは違って」って書くだろうな。それでいいんです。それぞれの段階で「前とは違う」と感じることが大切です。「中学と同じ」って言われる方がよほど辛いし、大学の教員も同じ思いでしょう。
その後、2コマ連続授業。なかなかマジメな子らですね。去年はフリーダムやったからなぁ。でも、想い出深い子らです。今年の子らともそういう想い出をつくれるかなぁ。
午後は部活動紹介。てことは、放送部は出ずっぱりですか。例年いろいろパフォーマンスがあるけど、今年は少しさびしいな。
そんなこんなであっという間に定時です。さぁ帰ろりましょう。
なんか、バタバタしてたなぁ。

今日も何もない

昨日もだけど、なにもない日って、ほんとうに久しぶりなので、どうすごしていいのかわかりません(笑)。
もちろん、これまでも「なにも予定がない日」はあったけど、常におべんきょとかゲンコとかのプレッシャーがかかり続けていました。もちろん、今もゲンコのプレッシャーもあるし、おべんきょのプレッシャーもあります。が、プレッシャーのかかり方がまったく違います。
なので、本を読んでみたり。
昼ごはんはほんの少しお出かけしてみたり。

近江ちゃんぽんです。いつもトゥンセラーメンというのは芸がないです^^;。
おなかいっぱい。
午後はお友だちの家におじゃま。早い時間から、少しビールを飲んでみたり。その後、ベランダで焼肉です。

こないだのジンギスカンであまった肉を炭火で焼いたら、これがおいしい!
まぁでも、ほどほどにしないと、明日から本格始動だな。

なにもない土曜日

今日はなにもない土曜日です。久しぶりです。でも、昨年度に引き続き、今年度もこういう土曜日がけっこうありそうです。
てことで、早起きして、久しぶりにバイク仲間とくねくねしようかと思ったけど、起きられませんでした。いや、正確には目が覚めたけど、「もっと寝たい」という誘惑が勝ったということです。
とりま、猫の額で朝ごはん。

桜は、まだほんのりピンクが残っていますが、ほぼ終わりです。朝ごはんのあとはゆらゆらしながら読書でもしますか。

午前は日陰ということもあって、肌寒い。それにしても、このフリースの寝袋的なの、ぜんぜん暖かくない。
夕方、ちょっと走ろうかなと。相変わらず、30分走れるようになるのが目標です。結局32分ばっか走りました。平均1kmが5分45秒。ちょっと早くなってきました。帰ってきて筋トレ。その後体重計に乗ると、だいたいいつもの体重になっていました。が、油断は禁物です。てか、あと1kg絞ったら、いつものところにもどったことになります。

それにしても、「LGBT理解増進法」なぁ。
たぶん、「差別」の意味を取り違えている。差別は「人から人へ」じゃなくて、制度なんです。社会的な問題なんてす。規範と言ってもいいかな。つまり権利がないことなんです。同性婚が認められていないこと、あるいは手術しないと法的に自認する性別での扱いが受けられないこと、こういう状態にあることが差別なんです。なので、「理解」は差別の解消とはまったく違うってことです。そういうことをわかっていない人が「理解増進」とか言っている。もっとも、わかった上で、あえてやっている可能性も大ですがね。
まぁ、ただ、そういうのがまかり通るのは、やはり「人権学習」が「心の問題」になっていること、あるいは「人と人の関係」になっていること。そのあたりに原因があるんだろうな。かつて批判的に講演を聞いた時に、障害者差別の観点や法律の観点から意見が出されたけど、そういうところから「わたしたち」が学べていない。
明後日、なんとかカウンターパンチを出したいな。

何をやっていたんだろう

今日は1年生は「フレッシュマンセミナー」です。まぁオリエンテーションですね。もともと今から30年くらい前は1泊でやってました。当時は担任だったので、オリエンテーリングの真似事をやってみたり、夜はロングホームルームで語りあいをやったり。まぁM原高校みたいなことをめざしていました。でもそれが日帰りになり、その後1泊になったけど、かつてのようなものではなくて、いわゆる「集団行動訓練」みたいなのを入れるありがちな内容になりました。さらに、昨年度から日帰りで2日開催になりました。その代わりというかなんというか、SSTをやったり人権学習をやったりという、なかなかな内容にもなりましたがね。
で、わたしの出番は月曜日。なので、それへ向けた準備なんぞをしながら、たまに試験カントクとか。ちなみに、数学の問題を見たら「これ、解けへんな」と思う問題で、案の定、みんなバタバタ倒れていました。
そうそう。『社会学評論』の最新号を見たら、S川さんの論文が載っていて、これはと思い読んだけど、重いです。でも、その重さと向きあわなきゃならんなと思わせる、そういう論文でした。
てな感じで、なんだかんだとやっていたけど、いったいなにをしたのかわからない1日でした。
なので、最後は走ろうと思い、おニューの靴の試走をやってみました。軽い。そして走りやすい。なので、スピードが出ます。月曜日が1kmを6分40秒。火曜日は6分30秒でしたが、今日は6分でした。いきなり30秒早くなると、さすがにしんどい。けど、走れてしまう。靴、こわいな…。
家に帰って体重計に乗ったら、もしかしたらもとの体重にもどりつつある?って感じだったので、うれしくなって晩ごはんを食べたから、やはりダメなのかもしれない。

今年もつつがなく

今日は午前が始業式で、午後が入学式です。でも、その合間を縫ってゲンコです。
実は、先月末〆切のゲンコ、泣きを入れて今週頭まで伸ばしてもらってましたが、昨日「すでに週の真ん中やん」と思ってたら、編集担当の方からメールが来て「金曜日、印刷屋がとまるので、明日の3時まで」ということで、ほんとにヤバイ状況です。
が、基本的にはほとんどできていて、オチのところも考えていたので、それをあてはめて、なんとなく完成。これもしばし寝かせましょう。というか、仕事だ仕事。
朝から放送セットをして、始業式を終えて、そのあとは会議。しばし時間ができたので、台車を買ってきたり。スピーカー運ぶの大変ですからね。
で、入学式はいつもの通り紅白幕の裏側で指示出しです。副支店長が変わっても「あの歌」は別ライン。「わたしにやらせると放送事故が起こるかもしれんからね」って脅したら苦笑いしてました。ちなみに、この副支店長、わたしが3年担任やってる時の新採で同和部に配属された人なので、わたしのことはある程度わかってて、おかげさまで話が早い(笑)。
てことで、無事放送事故もなく入学式も終了。
あとはリハビリ行ってと。なんでもウイーっと腕を上げたら160°までいったんだとか。受動術並にあがってるから、たいていすごいです。
家に帰ると施術用のベッドが来てました。てことで、寝る前に本格的なアロママッサージやってもらって、幸せに寝ちゃいました。

開幕前夜

今日は会議日です。会議日のスタートは部長会議からはじまるので、わたしらヒラは楽です(笑)。ただ、ひとつ忘れものがあったので、ちょいとバタバタ。でも、同僚が積極的に手伝ってくれるので、メッチャ助かります。こんな日がくるんだなぁ。
会議はさっくり終わって、昼ごはん。ちょっと時間ができたので、今日も走りましょう。と、今日も某クラブのマネージャーとダラダラ話。だいたい年度当初は前年度担当した子と、こんな感じで「去年は楽しかったねー」みたいな話をするんですよね。
ただ、今回のダラダラ話でおもしろかったのは、去年の担当クラスは多様性に満ちていたことがわかったことかな。なんでももめごとが起こった時、中学校時代は「時が解決した」そうな。まぁ、土日をはさんだら「ごめんな」ですんだんだとか。ところが、今のクラスは話さないとわからない。だから、すごく話すんだとか。なので
「よかったねー」
って言っておきました。たしかにしんどいだろうけど、とても大切な経験です。

で、午後からは会議。まぁでももめることもないので、サックリ終わって、あとは明日の準備とかです。
で、いつもの通り、定時に退勤。今日はちょぼやき会です。が、時短要請が入ったので、お店が終わるのが9時です。ということは、学習会を終えてからだとほとんど飲めません。てことで、今回は懇親会を優先して、学習会は5月に延期。完全に本末転倒ですが、まぁ個人的には「フルボッコ大会」の内容を話さなきゃならないにもかかわらず、ゲンコと収録に追われて、なにも準備できてないので、助かったといえば助かりました。
てことで、楽しい時間を過ごして、9時解散。大阪組も今日はエア乾杯の二次会だったんだとか。健康だ。

配慮か?

今日の午前は新転任者のオリエンテーションです。かつて人権教育のセクションが独立していた時はここて話をしていたみたいです。が、今のセクションに併合されてからは話をすることがなくなりました。ただ、なんかそれはそれで腹が立ったので、「うちのガッコの人権教育の位置づけはそういうことなんやな」とネチネチといじめてあげたら、「忘れてた」とか言われて「だからな!」って言ったのは、もう5年ほど前のことです。今は位置づけられているのはいいのですが、逆に仕事を増やしてしまって「しもた!」と思ったのものの、後の祭りでした。
ちなみにこのあたりのことを昨日同僚に話すと
「はい、センセの負けー」
って言われたので、それはその通りだなと。
てことで、どんなことを話そうか…。
とりま、ゲンコを完成させて、そこから考えました。で、やったのは…。
ーーー
1.人権教育は人権学習とは異なるアンブレラ概念
2.人権教育は生徒を甘やかす?
3.それは違う。「厳しさの中に優しさを、優しさの中に厳しさを」。それぞれのキャラでふたつのバランスを考えてほしい。
4.具体的には?
5.子どもの話を聞く。「40人の子どもたちは、ランドセルの中に40の生活を詰めて学校に来る」。同じに見えるけど、生活背景はまったく違う。わたしたちにとって当たり前のことが当たり前ではない子どもがいる。
6.なぜそれをするかというと、わたしたちの仕事は子どもたちが幸せな人生を送れるようにすること。
7.「同和教育の総和は進路保障」
8.子どもたちが幸せな人生を送れるような進路保障にともにとりくみましょう。
ーーー
みたいな話を5分でやりました。いや、10分もらってたけど、前のふたりが時間オーバーするんだもん。

で、どうしようかと思ったけど、昼までの間に時間があるので、久しぶりに走ろうかなと。サッカー部の子らが練習してるまわりをぐるぐる。今日の目標は30分走ることです。で、1kmを6分40秒くらいのスローペースで、とにかく走りきりました。
そのあとは補強です。これも20回5セットやってたのを15回5セットに減らしました。とにかく継続しましょう。
と、去年授業を担当した某クラブのマネージャーが通りかかりました。
マ「センセ、トレーニングしてるの?」
い「うん、春休みに2キロ太ったんやわ」
マ「全然大丈夫やん」
い「いや、アカン、ショックやねん」
マ「センセはかわいいから大丈夫」
えーと。これはきっと喜ぶべきなんやろな。まぁ、女子同士の会話は「褒めあうこと」とは聞いてるからこその「褒め」なんだろうけど、ただ、だとすれば「褒め」の対象は「女子」ってことで、その対象足りうると認定されたってことか?まぁ配慮やろなぁ(笑)。でも、個人的には、文科省があげた事例通りの「型にはまった」配慮よりは、こういう個人間の即興の配慮のほうがうれしいな。

午後は研修会です。長い。疲れた。しかも、明日も会議やん。
まぁそれでもうちのセクションの長は飛ばしに飛ばして30分繰り上げて研修会終了。優秀やな。
研修から帰ってきたら、ゲンコへの返事が返ってきてました。そうか、狙いはそこだったか。難しいな。ただ、自分にしかわからない風景はあるのかな。きっと自分史本の続編としての「人権教育版」がほしいのかな。
まぁ、やってみますか。自分にとってもいい経験です。
てことで、定時になったから帰りますか。うわ、雨やん…。

ダメダメダラダラ

朝、起きられませんでした。ガッツリ寝坊。なんで昨日の朝は寝られず、今日は寝られるのかわかりません。どうしたものかと思ったけど、車で出勤したら間にあいました。つくづく電車通勤は時間がかかるんだなと。
今日は新入生の登校日です。わたしは担任さんの補助役です。で、名簿を見てると3年前のマダンで会った子が入学してくれたことが判明。これはかなりうれしいです。
それにしても眠いです。立ったまま目を閉じたら寝られそうです。この状態で補助できるのかなと思ったけど、なんとかなりました。
その後、ゲンコをしばしやっつけるなど。と、督促というか心配というか、そんなメールがきました。なんとか今日中に完成させたいな。でも、これができたら、まだあと1本あるんですよね。完全にオーバーしてます。
で、ゲンコを書きながらも、明日の新転任者のオリエンテーションについて、ぼんやりと考えたり。たった10分なんだけど、その10分でいままでやっだきたことを知ってもらわなきゃなりません。
そうこうするうちに、人権担当者の会議の時間。幸いにして、今年も「いい人」がなってくれて助かります。まぁ「悪い人」がいるわけじゃないんだけど、「てきとうに選んだな」って感じだと、やはりきついですからね。
で、会議で宿題をもらったので、それをやっつけたら、定時になりました。やはり眠い。帰ろう。
ゲンコは…。
明日だな。ひと晩寝かさないと、やはりダメです。Sい田さん、すんません。