こんな日もある、と、訃報と

朝、少し早起きしてお出かけしようかと思っていたけど、早起きできず。でも、お出かけはしようかな。
ということで、いただきもののコーヒ-とボトルにお湯を入れてお出かけ。パン屋さんでパンを買って、プチキャンプ気分です。

帰ろうと思ったら、てんとう虫が…。

家に帰ってきたら、仕入れた「イモの蔓」の皮むきをして、エゴマの葉っぱを漬け込んで。少しメールチェックをして、再びお出かけです。
到着したのは角打ち。明日からお盆休みに入るらしいし、そうなると昼間に来る機会はほぼないですからね。昼間の角打ちには数人のお客さん。てか、H田さんとかAーちゃんとかおられます。H田さんは1年半ぶりです。
H「お、久しぶり」
い「うわぁよかった。会えてよかった」
生きてはったんやなぁ。ということで、H田さんと初対面のおじさまがおられるテーブル席で、まずは日本酒です。カウンターを見ると、なんでも金曜日はサービスの日らしく、カレーがあるんだとか。頼んでみました。

これで150円。ちなみにごはんを入れたら200円。どういう計算をしているんだ?
あとはしょーもない話をみんなでグダグダ。と、気がつきました。おじさまの手…。
い「あの、指、どないしはったんですか?」
お「バレたか」
い「そんなんバレるに決まってますやん」
お「小指はたいしたことなかったけど、薬指は心臓につながってるからな、痛かったわ。小指はここで切って、ここで切って、左右で4回やろ。それに薬指で5回や」
い「いろいろ事情があったんですね(笑)」
お「おぉ、あったんやわ(笑)」
H「そんな深刻な話、笑ろたらあかん」
い「いや、H田さんの話も深刻やけど、笑ろてますやん」
H「そやな」
お「こんなん、笑わなどうすんねん」
しかし、この店に来ると、いろんな方がおられて、メッチャ楽しいです。リフレッシュしたところで家に帰ってzoomでミーティング。
ミーティング中に、史朗さんの訃報が飛び込んできました。マジか…。わたしが「この世界」に入ったきっかけは、大学時代の史朗さんとの出会いでした。まぁ、ジェンダー的に問題はメッチャあったし、それ以外にも学歴に対してもすんごい差別的な人だったけど、それでもなお、すごい人でした。メッチャカリスマ的な、ダメな人でした。
少し落ち込みながら、ミーティング終了。
ここでしばしおべんきょ。が、手につきません。そうこうするうちに、次のzoomミーティングの時間が来ました。時は7時半。9時に終わるかなと思っていたら、終わりそうで終わらない。終わりそうになったら「そうそう」とかいって新しい話が出てきて、それが終わりそうになったらまた出てくる。そんな感じで、結局ミーティングが終わったのは9時半です。まぁ大切な話なんですけどね。
ということで、ようやく晩ごはん。まぁお酒の量が少なくなっていいかな。あ、昼間に呑んだんだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。