おべんきょ会

今日の午後は3ヶ月に1回の「おべんきょ仲間」と「おべんきょ会」です。ちなみに、この「おべんきょ会」はセンセの最終講義の日にやることにしたものです。
おべんきょ場所を離れてしまうと、なかなかおべんきょってできません。ましてや、仕事をしながらとなると、仕事が優先で、その些末なことに追われて、まったくおべんきょが進まなくなります。それでもおべんきょしなっくちゃならない。
で、かなり切羽詰まってるのがふたり。ひとりはもちろんわたしです。そしてもうひとり、先輩でおべんきょ成果を出さなかった人がいます。てことで、たぶんこのふたりがもっとも積極的かな。
今回は、わたしの当番です。が、発表というよりも相談ですね。この「相談」ができることがうれしい。
相談内容は、大きくは2点です。ひとつは「目次」をどうするか。もうひとつは「鉤括弧問題」です。てことで、トラウマをほじくり返すようなことをして、みなさんからご意見をいただきました。
うーん。
よかった。ほんとうによかった。脳みそが久しぶりに活性化したという感じです。そしてなにより「書こう」という元気をもらいました。
まぁ10月1日まではややこしいけど、それが終わったら、ほんとうに書きはじめよう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。