バリバリ→コキコキ

今日は午前に2発授業です。なんかピリッとしません。でも、片方のクラスはなんとなく勉強の方向を向いてるな。もうひとつのクラスが苦手意識が強すぎてきついな。「難しいものだ」と決め打ちで来られるときつい。
それでもいつもの通りおだやかに授業です。今年の新方式はけっこういいかもです。

あと、昨日書いたゲンコを送ります。ついでに今回のプランを伝えましょう。
い「9月はこれで、10月はこれで、11月は…。あり?9月から半年で6回って言ってましたよね?9月からだと7回?」
J「すみません、7回でした」
マジか。ネタをひとつ増やさなきゃ…。

で、午後は病院です。今日は2度目のバリバリです。前回は165°まで動くようになったけど、その後やはり拘縮を起こしてしまいました。今度はどうだろ。なんとかこれで卒業したいなぁ。
待合室で1時間ばっか待って、部屋に入りました。
い「あの、あと10分でリハビリの予約が」
医「さっさとやりましょう」
い「いや、麻酔が効くまで時間かかるから無理でしょ」
おちゃめなお医者さんです。
い「あの、2回もやる人、いるんですか?」
医「いないですねぇ」
そうなんだ。なんでアカンのかなぁ。
てことで、前回と同じ感じで麻酔を打ちます。
医「親指は麻酔が効くけど、それ以外は効かないですからね」
すごいな。
で、前回と同じ感じでグィッと伸ばして。と思ったけど、前回より角度が小さいな。
医「痛いですか?」
い「イタタタタ。下の筋が」
医「あぁ、そこは麻酔を効かせてないんです」
なるほど。
医「しばらく待合室に行ってもらいましょうか」
と、ここでトラブル発生。フラつきます。ヤバイな。てことで、診察室で横になって待つことに。
やがてお医者さんが帰ってこられて、腕をグリグリ動かします。肩の関節がコキコキいいます。
医「コキコキいうなぁ。バリバリいわんなぁ。痛いですか?」
関節は痛くはないです。が、筋が痛い。
そんなこんなで、座位で125°が目標になりました。
で、リハビリ。理学療法士さんから今回こそはという気迫が伝わってきます。今回の目標は、今晩バンザイをして寝ることです。そのためにクッションの配置を綿密に打ち合わせます。が、麻酔が切れた時がどうなるかやな。不安しかありません。
家に帰って、ビールを飲んで、しばしテレビを見ながらゴロゴロ。なにせ、右腕はまったく力が入らないので、基本的にはなにもできません。
と、右肘が動いた!
これは麻酔が切れる予兆です。ロキソニンテープ貼って寝よう。
予定通りにクッションを置いたけど、うまくいきません。あーでもないこーでもないとやって、それなりに落ち着いたところでバンザイ。
が、寝られない。そりゃそうです。バンザイして寝るのは赤ちゃんです。てか、少なくともわたしはバンザイしません。しかも麻酔が切れてくると少しずつ筋肉が痛みはじめます。痛いから一度腕を下げて、落ち着いたところで、またバンザイ。ところが、腕を下げるのも痛いし、バンザイするのも痛い。なにより少しずつバンザイの角度が下がってきます。これをがんばって上げると、これがまた痛い。
1回のバリバリですんだ人は、これを耐えたのかなぁ。
やがて完全に麻酔が切れました。うがが、125°まで上がらない。どうする?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。