できることを増やす

なにがきついって、黒板に字を書くのがきついです。もともと黒板は使いたくないし、字も書きたくないけど、説明するためには黒板に教科書を写さなきゃならんから書いてるだけのことです。ICTとかいうけど、この間も書いたけど、もともとこんなんとかほしかったんですよね。まぁでもプロジェクタもいるし、その設置をやらなきゃならんし、しかも短焦点のプロジェクタは教室に設置済みのしかないし。いちおう全学校に設置する予定らしいですが、いつになるかわからない。まぁすべてはお金です。
てことで、今日も黒板を使って授業をするわけです。しかたないから、マグネットでコピーを黒板に貼り付けて…。で困るのは、生徒をあてる時です。名前を書かなきゃならんけど、これは名簿を持たなきゃなりません。まぁ名簿もコピーすればいいだけのことですが、忘れてました。と、左手の補助をはずしてみると、書けるわ(笑)。
補助がないと書けないという思い込みが「補助をはずす」という行為をジャマしてるのか。考えてみると、たしかに黒板の下の方にはいらんわな。ただ、補助をはずすと、メッチャ疲れます。
そんなこんなで、午前に3コマ授業して、午後はリハビリです。補助をはずしたことを言ったら、作業療法士さん、メッチャ喜んでくださいました。
とにかく可動範囲内で自然に動かせるようになるためには、筋力が必要です。その筋力がないから、とにかく疲れます。疲れるとパンパンに緊張して痛くなります。すると使いたくなくなる。でも使わなきゃならなかったりするので、ますますパンパンに緊張して痛くなります。ヘタすると刺すような痛みが走る。かなりキツイです。
一方、リハビリは簡単に言うならストレッチです。適度なストレッチは気持ちいいけど、それよりも強めのストレッチなので、これが痛い。てことで、ガッコに帰ってアイシングです。しばし冷やしてから、軽く筋トレ。家に帰ってお風呂に入ろう。
メッチャぬるめのお風呂に入ると、少し肩が楽になったかな。で、寝っ転がってテレビを見ながらこたつの上にあるコップをとろうと思ったら、とれた。それも脇を締めずにとれた。これ、筋力あがってますがな。
もしかしたら、板書のおかげか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。