腰痛だけど、『自分らしい終末や葬儀の生前準備』出版記念会

朝ごはんは雑炊です。うまいわ。
でも、なんとなくラムを飲みはじめてしまうのがダメなところです。そうこうするうちに、ウィスキーもあいちゃいました。なので、これは呑むしかないなと。モーニングのスピリッツは効きますね。
で、たいがいなところで撤収開始。が、腰が痛くてどうにもこうにも身体が動きません。なので、わたしはごろごろするばかり。すみませんすみません。
で、車に乗せてもらって、「すべてのはじまりの魚屋さん」へ。ここでみんなは昼ご飯。わたしとKうさんは持ち帰りの刺身をつくってもらって、一足お先に電車の人です。電車の中でビールを呑んで刺身をつまんで、ダラダラと話。
京都駅で別れて、ここからわたしは奈良に向かいます。今日は源淳子さんの『自分らしい終末や葬儀の生前準備』出版記念会です。
源さんとはじめてお会いしたのはいつだったかなぁ。少なくとも『女人禁制Q&A』の時には面識があったんですが…。たぶんもっと前、Kん西大学で話をさせてもらった時くらいまでさかのぼるだろうか。その後、『現代の「女人禁制」  性差別の根源を探る』に参加させてもらったり、二人会に誘ってもらったりという関係が続いています。ちなみに、なぜ源さんがわたしをそんなに大切に思ってくださっているかは、実はよくわかりませんが、でもうれしいですね。
てことで、近鉄特急に飛び乗って西大寺に向かったのですが、気がつくと西大寺を出るところでした。てことで、大和八木から引き返して、なんとか会場に到着。すでに1時間遅刻です。向こうで手招きされているのはM前さん。腰は痛いわ、朝から呑んでしんどいわでろくでもない体調ですが、ここは一踏ん張りですね。なぜかスピーチがまわってきたりしたのですが、なんとかそれもこなして、いちおう終了時間です。
でも、源さんから
「もう帰るの?」
と言われたら、残らないわけにはいかないでしょう(笑)。ということで、そのまま2次会に突入です。こういうこぢんまりとした感じで話しあうのはいいですね。大きなところでは語りあえない「生と死」について、キリスト教浄土真宗の比較をまじえながら、いろいろ話。
で、終わったのは10時過ぎ。まぁまだ帰れるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。