あたる・雪と氷の世界(1日目)

起床は午前2時半。いつものように3時過ぎにスタート。ふと気づいて、いつも行く豆腐屋さんに行くと、やはりすでに作業をはじめておられました。なので、無理を言って昨日の残りのお豆腐をわけてもらっておみやげも準備できました。そこから延々5時間ぐらいほぼノンストップで走れば、そこは雪と氷の世界です。

今日のレッスンのお客さんのうちのひとりは、去年も担当した常連さんです。なんでも今日の午後には検定を受けられるとか。となると、そのための練習も必要ですね。が、もうひとりおられるお客さんはそういうわけでもなく、でも半日のレッスンで少しスキルアップをしたいとか。さてどうするかな。
とりあえず、いつものようにトレインをしながら滑りのチェックです。ふむ。上体のローテーションと足首ですね。さて、どうするか。まずはわたしが下からストックを引っ張って低速のプルークボーゲンをしてもらいましょう。身体が谷側を向く感覚をつかんでほしいだけのことです。が、「わからん」と(笑)。これ、あえて主旨説明をせずにやるのですが、「わからん」と。なので、もう一度主旨説明をしてやってみて、ようやく「なるほど」と。でもまぁ、無駄なようだけど、そういうことが大切なんじゃないかなと思っています。
それにしても、新品のブーツはよく締まります。バックル全開でも締まってきます。しかも、一箇所「あたる」ところがあります。これはきついです。しかたないので、慣れるまでバックル全開でいきましょう。
その後、上下の身体の動きを練習したりして、午前のレッスン終了。
午後は常連さんお一人になりました。なので、午後は検定のための練習です。検定科目はシュテムとパラレル大・小。とりあえず、緩斜面ではパラレル小の練習を、中級者面ではシュテムとパラレル大の練習です。いずれにしろ、足首を使ってターンを仕上げないとコントロールしていることにはならないので、そいつ午前のレッスンの延長を、少し検定に焦点化して練習しました。
で、検定。うん。まぁいけるでしょう(^^)。
てことで、無事今日のレッスン終了。
さて、スタッフトレーニングかな。
と、ここで、いつもマテリアルについて教えてくださるお客さんが「バックル、締めた方がいいですよ」とのお言葉。なんでも、インナーブーツのガムが適度に馴染むためには、はじめは痛くてもバックルを締めた方がいいらしいです。てことで、最弱の位置でバックルを締めました。あが!締まる!けど、不思議なほど馴染んできます。そういや、ショップで試した時もこんな感じでした。にしても、左足が太いみたいです。第3バックル・第4バックルが締まらない。まぁここはしかたないですね。それにしても、左足の甲が「あたる」これはきついです。4日間持つかなぁ。チキンレース状態です。

さて、晩ごはんまでの時間が長い。どうしよう。
てことで、読書です。途中まで読んだ本を、最初から読み直しです。ただし、ノートをとりながら。でも、やったことがないのでわかりません。検索かけるならファイルがいいし、でも書き込みを自由にするならアナログがいいし。うーん。まぁノートを持ってないから、とりあえずファイルではじめよう。と思いましたが、メッチャやりにくいです。みなさん、どうされてるんだろう。
そんなことを悩んでいるうちに晩ごはんの時間になって、やがてお客さんから「呑むぞ」と言われて、あとは軽く呑んで11時過ぎにお開きです。
電気を消した瞬間に爆睡です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。