ワークショップって、仕事屋さん?

今日は四日市でお座敷です。こんなクリスマスの翌日にお座敷を開催されるとは。しかもこのお座敷、なんでも「教職員の人権教育のリーダーのフォローアップ講座」らしいです。つまりリーダー養成をされていて、それに手をあげる人がいて、そんな人のフォローアップをされていて、そこに来られるわけです。四日市すごいわ。そんな講座なので、今日はそもそも来る人はリーダー養成講座を受けた人限定らしいです。
で、依頼の中には「ワークを入れてほしい」というのがありまして、これが困った。なにせ、わたしは「ワークショップって何屋さん?」って人ですからね。苦手なんです。アクティブ系。でも仕方ありません。いろいろ考えて、Iっぽくんにも協力依頼をして、最終的にはそんなのとは全然違う、「相談メールへの返事書き」にしました。この相談メール、実際のものなので、ガチです。
てことで、少々飲み過ぎの朝のお座敷開始です。
とりあえず、ザックリと「困難」を話して、メールを紹介。10分間で返事を考えでもらって、発表してもらいました。さすがは四日市、決めつけはないですね。よかったよかった。その後の2本目3本目のメールも見てもらって、最後に「いつきの返事編」を見てもらって、ワークショップは終了。その後、ミッション3の続きを話して、3時間のお座敷終了です。
リアルのメールへの返事だから、まぁ、実践的ですよね。みなさんにも楽しんでもらえたみたいなので、よかったかな。
あ、もちろんメールの送り主には承諾を得てます。承諾を得られてるということは、たぶん「いつきの返事」は、それなりに意味があったということなんでしょうね。知らんけど(笑)。

2 thoughts to “ワークショップって、仕事屋さん?”

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。