人権教育からの誘い

合流したのはT部さん、K口くんのおつれあい。
まずはひとしきりK口くんのdisり大会(笑)。わたしにも刺さります。
で、向かったのは「武蔵」です。なんでも、超人気店だとか。
ここで呑んだのは、山口県同教のみなさん。とは言え、なんどもご一緒させてもらっているので、「お久しぶりっす」という感じです。まぁ、最初はたわいもない話をしているのですが、徐々に核心に迫りはじめるのはいつものことです。メインの話は「なぜ両性にいるのか?なぜ人権に来ないのか@教研」です。んな難しいことを(笑)。
わたしが両性に張りついているのは、単に居心地がよくて楽しいからです。居心地のよさは、もちろん友だちがいることも重要ですけど、そこでの論議が楽しいし、重要とも思っているからです。
わたしがはじめて行った頃の両性は、主として「授業制作」や「授業実践」が論議されていました。でも、人権あがりのわたしはそれに違和感があったんですね。やはり、個々の子どもに迫る話が大切だろうと思っていたのです。で、いま、だんだんそういうレポートが増えはじめた。その一方、近年の両性で性の多様性が論議されていることに違和感を持っています。やはり、この分科会は「女子教育問題」が原点であること、そしてそれがなんら解決していないことを再認識しなくちゃならないんじゃないか。そんなことを思っているのです。
まぁ、そんな話をしながら、2軒目の「KEN」へ。ここで、ギネスを呑みながらしゃべっていたのですが、そうこうするうちに、みなさん倒れて行かれます(笑)。これはアカンな。
ということで、お開き。その後、T部さんのおうちへ。ここでしばし部落差別についてのスライドとか、世界人権宣言についてのスライドなんかを見てもらって、本日の呑みも終了です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。