いつまでも続いてほしいなぁ

朝、7時半くらいに目が覚めました。でも、あまり起きたくありません。ゴロゴロしていたのですが、どうやら二度寝もできそうにないので、寝るのは断念。台所に行って、スープをつくる算段などしたり、「ほろよい」を買ってきてもらったり(笑)。
で、モーニング「ほろよい」を楽しんだのですが、ほんとにほろ酔いになったので、それ以上のアルコールは断念です。ちなみに、昨日もけっこう抑え気味だったので、体調はいつもの玖伊屋よりはマシです。
で、朝ごはんのスクランブルエッグをつくったりして、スープと焼きたてパンで朝ごはん。リッチな気分です。
和室に行くとこちゅかるさんが起きておられたので、しばしお話。障害の社会モデルのことや合理的配慮のことや、あれやこれやの話。そうそう
「いつきさん、もしも同和教育に出会ったなかったら、いまどんな生活をしてると思う?」
って聞かれて、「うーん」と考えました。で、
「きっと性別違和を抱えながらも幸せに生きてる普通の男か、幸せに生きてる普通のオカマ」って答えました。
「幸せ?」
って聞かれたので、
「うん、幸せ。幸せの深さが深いか浅いかは知らないけど、幸せは幸せ」
って答えました。
たぶん、今みたいな生き方はしてなかっただろうけど、それが幸せじゃないとは思えないってことなんですよね。
で、若いお客さんにひとくさり説教して(笑)、そろそろ玖伊屋もお開きです。

で、11時くらいに来られたK田さん親子3人組も一緒におたふくへ。
ここに来はじめて、何年だろ。この時がはじめてだから、9年半ですね。みなさん歳はとったけど、そしてもちろん人の出入りもあるけど、やはりここはいつものおたふくです。
今日は先週来ることを伝えておいたので、おいしい食べものをいくつか残しておいてくださっていました。が、わたしが食べるのはあいも変わらずの月見とろろ。まぁそんなもんです。
そうこうするうちに競馬中継がはじまります。やはりいつもの光景です。

こんな光景がいつまでも続いてほしいなぁ。心の底からそう思います。
途中、藤枝政巳さんという役者さんから声をかけてもらい、なんだかディープな方向へと話が走りはじめたところで、いずみちゃんが帰らなきゃならない時間になって、楽しい宴もおひらきです。

さてと。
今日は飲み過ぎてないから、少しは楽かな…。

2 thoughts to “いつまでも続いてほしいなぁ”

  1. 「もし〜に出会っていなかったら」って、たいがい愚問なんですけどね。自分がそんなふうに聞かれても困るし、わからないとしか言えない。でも「幸せ」って言葉は自分なら出てこない気がしました。
    久しぶりのくいや、相変わらずの「まったり」を堪能しました。

  2. 「幸せ」って言ったのは、たぶんですけど。
    もちろん、腹の立つこともあるしめんどくさいこともあるし、ほんとにいろんなことはあります。それは、同和教育に出会おうが出会わなかろうが、そうなんです。そういう現実は、いずれにしろある。
    で、そういう「現実」が「幸せ」という定義にあてはまるかどうかというよりも、「幸せ」というのは、結局はそういう「現実」を送れることなんだろうなぁと、あの時思ったんです。

    玖伊屋のまったりは、やっぱり「泊まり」ということと不可分なんでしょうね。けだるい朝は、やはりまったりになっちゃいます。
    こんなご時世ですから、まぁ、これからも玖伊屋はまったりでありたいですね(^^)。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。