クッキングライブラリ

今日は横浜でJPATH準備委員会のイベントがあります。なんでも、わたしはいちおう準備委員会のメンバーだとか。なのでというわけではないのですが、とっても行きたい。
が、今日は阪大の学生さんたちのイベント、リビングライブラリで本にならなきゃなりません。てことで、豊中へ。
今回のリビングライブラリが斬新なところは、一緒にごはんをつくって食べながら話をするというところにあります。わたしはなーんも考えずに、とりあえず「お好み焼き」で攻めることにしたのですが、学生さんたちはそれぞれ自分の思い入れのあるごはんを考えておられます。なんか、そういうのがいいですね。

で、リビングライブラリ開始。わたしのグループは、ひたすらキャベツとネギを切って、粉をダシで溶いて。そんなことをしながら、ひとしきりお好み焼きについての薀蓄をひとくさりしゃべったり。やがて、お好み焼きを焼きはじめたところで、ようやく本題に入りました。
なんか、さりげなく本題に入るって難しいです。でもまぁ、そこはそれ「なぜこのテーブルに」という定番の質問から、「あー、そっかぁ。そういうことが…」となるのが楽しい。そこから、自分の中に潜って言葉を探します。その言葉は、もちろんパーツの組み合わせでしかない。でも、その組み合わせは無限にあります。そこから一番フィットする組み合わせを探す。それが楽しいんですよね。
そんなふうにして、しばしの語らいを楽しんで、後かたづけ。
一段落してから参加者の振り返り。
「図書館は飲食禁止なのに、今回は飲食するのでびっくりした」
なんていう感想が出てきて、ごもっともと。
あと
「これ、リビングライブラリじゃなくてクッキングライブラリですね」
なんていう感想が出てきて、ごもっともと。

その後、もちろん打ち上げです。が、この打ち上げ、居酒屋さんに余った食べ物を持ち込んでの打ち上げです。ええんか?と思うのですが、そこはE井さん行きつけなので、なんとかなるわけです。ここでもワイワイ話をして、2時間でお開き。せっかくなのでPくくねさんと、さらにサシのみ。
いやぁ、楽しい夜です。
が、横浜も気になるよな…。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。