恒例にしようと→玖伊屋

今日は一昨年からはじめた「恒例の花見」です。
が、M木ちゃんは先約があるとかで、そもそも関西にすらいない。K野さんは発熱で来られない。Iずみちゃんも体調不良で欠席。さてと、どうする?
10時半に会場に到着→セッティングをしてから3時間ほどしたところで、やっと花見の参加者が来られて、それから少しずつ人が集まりはじめて。だんだん楽しくなってきました。と、S納さんからメール。
「おたふくにいるし」
ということで、おたふくに行ったら
「あー、いつきちゃん、来たか。ほら、差し入れ!」
なんと、日本酒一升瓶を差し入れしてもらいました。もう、うれしくて身体が震えます。
てことで、5時ごろまでワイワイと花見。でも、わたしはあまりにも待ちすぎたので、寝ちゃいましたとさ。

で、夜は玖伊屋。
なんか、もう、昼間の呑みでやる気もありません。でも、今日はお客さんがいっぱいおられます。
「ごめん、辛ラーメン鍋にしようかと」
とオーダーを出して、あとはダラダラ…。と、buzzfeedの記者さんが来られました。この状態で取材かよ。でもまぁ、「GIDは方便」とか、いろいろしゃべりました。あー「方便」って訳しにくそうでした(笑)。
で、12時ごろになって、みんなが「帰る」とか言いはじめたので、みんなの足をひっぱって帰るのを阻止したりして。結局、2人ほど帰るのを断念されたので、安心して寝ちゃいました(笑)。

7 thoughts to “恒例にしようと→玖伊屋”

  1. はい、ただいまバッチリと病院のベッドの上からこれ入力しております(笑)。

  2. 一日まで怒涛過ぎたので、ぼんやりしにいけてよかったです。某さんのチヂミ、チャプチェをあたためている鍋に、桜の花びらがはらはらと舞い落ちたのを見て、「春やな」と。ヽ(^。^)ノ

  3. ほんとにのんびりした時間でしたね。地元の子どもとも遊んだし。
    あまりにものんびりしてたので、つい寝ちゃいました(笑)。
    あれ、恒例にしますので、来年も来てくださいね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。