ぽえむ的ななにか

今日はp4cがある日です。この日はなかなか気が重い。いや、もちろん、自分で「やろう」と決めたわけだし、Fぁーさんも来てくれるし、気が重くなる要素はほとんどないのですが、やはり「フツーの授業」の方がはるかに簡単です。
でも、ここは踏ん張りどころです。というか、Fぁーさんも、たぶんそうなんだと思います。
てことで、後半戦は「ワーク」を1時間。「コミュニティボール」を1時間という感じでやることにしました。
今日のワークは「名前のワーク」。名前にまつわる質問を20ほど準備しておいて、ふたりセットで、それをもとに相手にインタビューをする。で、そのインタビューの内容を使って、相手の名前をテーマにした詩をつくる。
「へ?詩?」
と思うのですが、これが意外なほど簡単にできます。留意点は次の4つ。

  1. タテ書きで書く。
  2. ひらがなで書く。
  3. 順番は適当に。
  4. 繰り返しを入れる。

で、生徒がわたしのをつくってくれました。

なまえはやっぱり
ひとつがいい
うまれかわっても
ひらがなで
おとこにまちがわれるけど
なまえはたいせつ
たくさんのともだちが
「いつき」とよんでくれるから

ぽえむじゃんo(^^)o

2 thoughts on “ぽえむ的ななにか

  1. わたしが改名したときは
    男性名から男性名へ改名しました。

    わたしが 若かったころは、
    通称名(現在の実名)で
    銀行口座も開設できたし
    ケータイもクレジットカードも契約できました。
    おおらかな時代でした。

    今の若い方は
    苦労が多いことと思います。

  2. 社会の枠組みが厳密になればなるほど、特例を認めるための制度がたくさん必要になりますね。
    なんか、「もうええ加減にせーへん?」と思う今日この頃です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。