うきなみ@八幡

ということで、前夜祭が終わったあと、車で自主フィールドワークをしてもらいました。上野と言えば城下町。当然皮革産業はあるわけで、そこに「ムラ」の源流はあるわけです。で、案内してもらったのですが、おそらくは相当な経済力を持っていたであろう…、というか、今も持っておられるであろうことが容易に想像できます。まぁ、皮革産業ということは都市型の部落なわけで、ムラ全体の経済力の高さと、しかしムラ中の格差の大きさというのは共通していて、それがこのムラでも感じられました。
で、あちこちまわりながら
「まだあいていたら行きますか?」
「はいぜひ!」
などという会話をして向かったのが「うきなみ」という店です。
到着したのは10時過ぎ。
い「いいですか?」
う「いやぁ、もう閉店時間だから…」
い「そうですか…」
名残惜しそうに帰ろうとするわたしたちを不憫に思われたか
う「持ち帰りならいいですよ。とにかく入ってください」
と声をかけてもらいました。
壁に貼られたメニューを見てびっくりです。衝撃の安さです。

鉄板には6枚の生地が伸ばされました。ん?3人なのに?

このお店では、安くて少し小さめのお好み焼きを何枚も食べるのが定番だとか。
お好み焼きのスタイルとしては「べた焼き系」ですが、どちらかというと「洋食系」という感じでしょうか。生地の上には青ネギをパラリ。味付けしたコンニャクの刻んだものをパラリ。刻み紅ショウガをパラリ。そして、油かすです。ちなみに、油かすは注文していません。ということは、油かす入りがデフォルトということです。なのに200円!

今回はそれぞれが「醤油味」と「ソース味」の2枚をいただくことにしました。
焼きはじめられたところで
う「呑まへんのなら食べていっていいですよ」
なんか、どんどんうれしい方向に行きます。
焼けたお好み焼きは具の面を内側にして2つ折にします。

なんか、和歌山の「」を思い出します。で、味付けをして、4つにスジを入れる。これで完成です。ということは、4口で食べられるっていうわけですね。

で、食べてみたいのですが、うまい!
い「生地に味はついてますか?」
う「いや、つけてませんよ」
そんなはずはないです。生地の味がします。
う「油かすの味がしみてるのかなぁ」
いやぁそういう感じではありません。もしかしたら鉄板に染みついている味なのかも。なんしか、懐かしい味です。そうだ。東九条の「あずき」の味です。あそこの生地から重曹を抜いて、少ししっとりとさせた感じですね。2枚のお好みを8口で食べてしまいました。
なんでもこの店、ここにお店を出して35年だとか。地元の子ども達に愛されてきたんでしょうねえ。

てことで、恒例のdata

お好み焼 200円
ビール 300円
スタイル ベタ焼き系
その他 お好み焼きに玉子を入れると350円です。が、基本は入れないらしいです。あと、ビールはひょいと見ると缶の発泡酒みたいです。それにしても「油かすとキャベツ炒め」も気になるし、ラーメンも気になります。というか、夏が終わるとラーメンの季節になるそうな。
独断的評価 ★★★★★(文句なしです。とにかくおいしい)

さらに詳細なリンクも更新しましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。