ならす

いま手をつけてる作業は、実はほとんど新しいことはありません。どちらかというと、完成したもののあいだをほんの少しこじ開けて、そこに別の完成品をはめこむ。で、継ぎ目がわからないようにならす。そんな作業です。
でも、こじ開けるためには、やはりどこをこじ開けるのかとか、どういう形にこじ開けるのかとか。あるいははめこむにしても、はめ込むものの形を整えたりとか、いろいろしなきゃなりません。で、最後の仕上げ、接合部をならすわけです。
それをしようと思うと、「こじ開けるもの」と「はめ込むもの」を、それぞれを完成させた時とは違う観点で全体を見通して、設計そのものをやり直していく場所も必要になります。あるいは、こじ開けたもののはまるものがなく、そこだけはいちからつくる必要ができる場合もあります。
いざ、着手して、そんなことにあらためて気づきました。
でも、これをやるための個人的に設定したタイムリミットは月曜日。
えーと、今日は金曜日。土日はあれがあって、月曜日はあれがある。
んー^^;;。
まずいな(笑)。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。