卒業生の相手は得意なのさ・全国在日外国人教育研究大会(0日目)

徳島の待ちあわせ場所に着く頃には、台風の影響でえらい雨です。待ちあわせ場所にはすでにK野さんがおられます。ちょいと食べ物飲み物を補充して、広島へ向けてGo!途中、しょーもない話とか、しょーもなくない話とかしながら、9時過ぎにはなんとか広島の山中にある青少年施設にに到着。とりあえずおなかにものを入れて、いきなりルーツ別の話しあいです。ハードやなぁ。
わたしが担当した「ルーツ」は日本人の班。ここの話しあいが、実は一番難しいですよね。完全アウェイのところにあえて参加しているわけで、そこにはいろんな思いはあるんだろなぁとはおもうのですが、それを言葉化できるかというと、それはそれで難しいわけです。はじめは通り一遍の話をしていたのですが、なんとなく膠着状態になってきて、「うーん」となってしまいました。で、ちょこっとチャレンジしてみようと思い、爆弾を投下。逆にみんな黙り込んでしまったりして^^;;。

ルーツ別の話しあいの後は、わたしはサポーター*1としばらく打ちあわせ。今日一日の論議を振り返って、子どもたちの様子や話しあいの内容についての振り返りです。で、1時間ほどいろいろしゃべって、「さて、どうしよう」。ここらでちょこっと燃料補給をしたいところですが、大人の引率と混じるのはなぁ…。いや、ポリティカルコレクトな選択をするのであれば「ミックス」なわけですが、卒業生は卒業生ならではの話があって、それは教員の前ではなかなかしにくい。というか、教員が卒業生と話したくて、卒業生同士になかなか話させてくれない可能性が大です。
「ま、いっか」
ということで、急遽卒業生交流会の開会です。いやぁ、おもしろい。きっと教員の前では見せない卒業生たちの姿が目の前にあります。
ちなみに、わたしは教員ではないのかというと、もちろん教員なわけですが、なんだろ、あまり教員と見てくれていないというか、なんというか…。まぁ、それを物語るかのような論議があったわけで、
「○○先生の頭をはたけるか」「No」
「いつきちゃんの頭をはたけるか」「Yes」
みたいな話が繰り広げられていました(笑)。
てことで、最後はY美ちゃんがえらいことになりはじめたので、強制的に布団に放り込んで、上から押さえつけて、電気を消して、お開きです。
うわ。3時半。わたしも着替える元気もなく、ベッドに潜り込むと同時に落ちました。

*1:卒業生および卒業生(笑)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。