ヒルクライムの先

今日は午後からK大学でお座敷です。
今を去ること…。10年くらい前ですかねぇ。朴木佳緒留さんにジェンダーについての講演に来ていただいたことがありました。その時、たまたまわたしが最寄りの駅まで送迎することになって、その車内でいろいろ話をしたのがきっかけで、なんだかほとんど毎年のように呼んでいただいています。
とりあえず六甲まで行って、ここから歩いてキャンパスまでいくのが常ですが、これがなかなかの坂です。しかも、発達科学部は一番上にあるので、なかなかのヒルクライムです。
ちなみに、朴木さん、今年度いっぱいでやめられるので、もしかしたらこの坂を登るのもこれが最後かなとか思うと、ちょっと大切に登ろうかなという気持ちになりますね。
坂を登りきって、街をパチリ。で、校門の横のフェンスに登って、昼ごはんのおにぎりをもぐもぐ。ジャスミンティーがおいしいです。いや、かつてはここでビールを飲んだこともあるのですが、ここ数年はやめてます。だって、終わってからがね^^;;。

で、今回ははじめての新ネタです。はたしてウケるのか?
うん、おおむね楽しんでもらえたかな。まぁ、関心がなかったり、逆に「身につまされる人」にとってはこの手の話はきついだろうから、ばん人にウケるのは不可能です。
しかし、毎回少しずつスライドを改良しているつもりなんですが、ビミョーにバージョンが錯綜していて、やってる最中に「あれ?スライドがない」とか「あ、これ、いらん」とかあるのは準備不足ってやつですね。
それでもなんとかかんとか終了。
やれやれ^^;;。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。