山辺@市場

お座敷が終わって、お友だちのFさんと、なんとなく「飲みに行こうか」となるのは、あまりにも必然です。
「八木ならあるでしょう」
とかいうことになったのですが、そのうち
「そう言えばお好み、このへんにあります?」
「あー、だったら市場かなぁ」
となるのも、これまた必然です。てか、こっから車で30分?
「あ、こんなん、いつもやし(笑)」
さすがは奈良です^^;;。
てことで到着した山辺食堂。いい感じです。
おばあちゃん、腰の角度が75度くらいです。小柄なおばあちゃん、腕を精一杯伸ばしてお好みを焼いてます。にしても…。お好みの大きさ…。
とりあえず
「あの…。カスのお好みありますか?」
とたずねると、おかあちゃん、「お前さん、何言ってるねん」的な視線をこちらに送ってこられます。すみませんすみません。ないはずがないことをあえてたずねたわたしのミスです。そんなわたしの気持ちを見透かしたかのように、優しい眼差しで
「あるよ(^^)」
とのこと。ホッとしました。
にしても、このお店のお好み、なんしかデカイです。半端ないです。

奥のお好みが普通サイズで、手前の大きいのが売れ筋のモダンです。ちなみに、モダンがデフォです。これだけではわからないので、衝撃の映像を。

持ち帰り四人分はビニール袋ではなくダンボールです(笑)。もう、わけわかりません。焼いてるおばあちゃん、めっちゃ重そう。と、おばあちゃんの手を見ると、手がお好み焼き用にカスタマイズされてしまってます。簡単に言うと、指がコテにフィットするように横方向に曲がってしまってる。どんだけ苦労してはんねん。
「このお店、何年くらいやってはるんですか?」
「57年目や」
すごいです。鉄板は五枚目くらいだとか。
「そろそろやめたいけど、やめさせてくれへんねん」
そらそやろなぁ。
「わたしの前はお母さんがやってたんや」
てことは、法律よりも前からやってるんや。すごいです。
すごいのは歴史だけじゃなくて、カスの入り方です。包丁でガンガンガンと切って、バサリと乗せます。

ビールを飲んでると、
「ほれ」
出されたものは…。

メッチャさっぱりしていておいしいけど、いったいなんなんだろう。テッチャン?にしては味が淡白。ハチノス?にしてはもようがない。
「最上級のテッチャンや」
びっくりです。
で、お好み焼き完成!

ひとくち食べると…。
生地は少し重めです。ところが、カスがとんでもなくおいしい!すごくいい香りです。このカスに、菱梅ソースの香りがまたあいます。重いなぁと思ったけど、なんか、三人だとものたりません。
「すんません。モダン。ちぢで」
メッチャあぶないので、焼きそばは半量にしてもらいました。

こちらはうまい!どうやら生地はモダンに最適化してあるみたいです。パリっとした生地と柔らかめのそばにコラーゲンたっぷりのちぢがまとわりついて、絶品です。これはみなさん、食べるわけです。
「すんません。どても」

正統派のどてです。
すでにビールはとっくにやめて、あとから来られた知り合いの焼酎をいただいています。
が、時間が5時をまわったあたりから、お客さんが集まってこられました。これから8時までは、常連さんの憩いの時間です。そろそろわたしたちはおいとましたほうがいいようですね。
てことで、恒例のdata

お好み 500円くらい
ビール キリン中瓶500円くらい
スタイル ベタ焼き系(モダンが得意)
その他 練り込みの生地はやや重めです。わたしの好みではないけど、どっしりしたのが好きな人にはいいかと。でもこの店の真価が発揮されるのはモダンです。それから、定食とかお弁当なんかもやっておられます。さらに、サイドメニュー的なものもたくさんあります。中には、どてとかおでんとか、曜日で決まってるものもあるみたいです。おでんの日はお好みにおでんを入れることも可能です。なんしか、一度行く価値はぜったいにありますね。
独断的評価 ★★★★★(練り込みだけだったら星4つ。でも、モダンは星6つなんで、平均して5つです。ちなみに、3人でお好みとモダンとビール3本とどてとテッチャンで4500円とのこと。個々の値段はわかりませんが、めっちゃ安いです)

さらに詳細なリンクも更新しましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。