これで最後・八頭町部落解放研究集会

目が覚めると8時過ぎ。久しぶりに8時間ほど爆睡しました。
朝ごはんを食べに行くと森口さんはすでにおられました。とてもしんどそうです。当たり前です(笑)。
てことで、しばしダラダラ話をして、いったん部屋へ。体制を整えて、今日のお座敷です。
今日は八頭町部落解放研究集会。ここで、昨日ご一緒した在日台湾人の川口さんと森口さん、そしてわたしのシンポジウムとのことです。しかし、在日外国人問題と部落問題にはさまれたわたしは何を言えばいいんだ(笑)?
打ち合わせのあと、午後からシンポジウム開始。
トップバッターの川口さん、すごい!ご自分の経験を交えながら、日本における在日外国人の処遇の問題や鳥取県内の中国人のことを鮮やかに語られます。しかも、ところどころにギャグが入る。みなさん、笑いながら和やかに話を聞いておられます。ヤバイです。わたしの出番がないです。
てなこと言っていても、順番はまわってくるわけです。てことで、火曜日に話した内容を少しふくらませた話。まぁまぁあんなもんでしょう^^;;。
で、トリはもちろん森口さん。あいも変わらずたたみかけるように暑く語られます。迫力というか貫禄というか。でも、謙虚さを忘れない語り口です。さすがやなぁ…。
で、フリートークの時間。おふたりが結婚にこだわった話をされたので
「わたし、あまのじゃくなんで、ぶっ壊す話を(笑)」
とか言いながら、セクシュアリティの側面から結婚制度や家族制度そのものを問わなくちゃならないんじゃないかみたいな問題提起をしてみました。すると、みなさん、深くうなずきながら聞いておられます。偏見かもしれませんが、というより偏見なんでしょうが、けっこう年齢層が幅広いんですが、「うんうん」って感じで聞いておられるんです。すごいなぁ…。たぶん、今までの八頭町のとりくみがそこまでのものなんでしょうね。
そんなこんなで、最後はやはり森口さんが〆て、シンポジウムもおしまい。

帰りにビールを買い込んで、森口さんと宴会しながら帰りの列車のひとときをすごしました。
すごく楽しかったし、すごく勉強になったし、その帰りの宴会は格別です。

にしても、長かったなぁ…。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。