きみちゃん@大久保

部落について勉強したりいろいろしていると、必ずと言っていいほど知るのが「洞部落の移転問題」です。たぶん「的ケ浜焼き打ち事件」と双璧をなすのかも。
ちなみに、今や両方ともかつてのような捉えられ方をされていなくて、例えば、「的ケ浜」については襲撃されたのはサンカとハンセン病者であることが明らかになって、それに付随していろんな「謎」が解けてきていたりしています。また、「洞部落の移転問題」も「強制移転」という前提、あるいは代替地問題(近隣の村から反対されたり、代替地がもとの面積の4分の1しかなかったり)なんかはあったにしろ、一方でそれをまちづくりへと変えていったという側面も存在していたことが明らかにされてきています。
て話は前置きでして、今日は午後から橿原でお座敷。橿原といえば、大久保です。前に「まちづくり館」に行った時、お好み焼き屋さんがあるのは現認してました。が、その時は団体行動をとらなくちゃならなくて、泣く泣く諦めていました。なので、今回はその時のリベンジ、久しぶりの「お好み」エントリです。

現在大久保には2軒お好み焼き屋さんがあるようですが、うち一軒はどちらかというとたこ焼き屋さんです。てことで、こちらはもう一軒が開いていない時のことを考えてリザーブにしましょう。
で、たどり着いたのは「きみちゃん」。
さっそくカスのお好みを注文します。

と、お店のお母ちゃん
「うちはざぶとんが有名なんやけどなぁ」
へ?ざぶとん?聞いたことがありません。
「ざぶとんってなんですか?」
「うどんを焼いて薄くこうやって、生地ではさむねん」
台付きというより、サンドイッチという感じでしょうか。
「具はてっちゃんやな」
「へー、はじめて聞きましたわ」
「そやろ。大阪からも来はるで。「今日はざぶとん食べに奈良行こか」いうてな」
これはもう一回来なくちゃならんじゃないですか!
「わたしあちこちのムラ行ってお好み食べるのが趣味ですねん」
「そうかぁ。ここらはお好み焼き屋は3軒あったんやけど、1軒はもう閉めやったんやわ」
「あぁ、奥にありましたね」
そんなことを話していると、やがて焼き上がりました。なかなかこんがりとしておいしそうです。

ソースをハケで塗って、花がつおと青のり。そしてさらに上からソースをかけます。
「カツオがハケにつくかな」
なるほど。で、完成。

ひとくち食べると、中はフカフカです。もちろん、外はパリっとしています。油カスの香りもちゃんとしています。惜しむべきは、ゼラチン質がほんの少し弱いかな。練り込み系の宿命ですね。
にしても、このソース、一体どこのだろう。たしか、奈良には地ソースがないはず。でも、はじめての味です。
「ソースはどこの使こたはりますの?」
「地元のや。ソースは命やしな」
ほんの少し醤油の香りが漂います。おいしいんですけど、少し辛い。ビー○がすすみます。
にしても、どこでつくってるソースなんでしょう。ネットで調べてもわかりません。もしかしたら、オリジナルブレンドかもしれませんね。
てことで、ごちそうさまでした。
さて、恒例のdata

カスのお好み 550円
ビール キリン中瓶550円
スタイル 混ぜ系
その他 ざぶとんが名物。ソースの味が独特。オリジナルブレンドであるにしても、元のものを探さなきゃなりませんね。ちなみに、ビンを見たら、やっぱりわかりませんでした。
独断的評価 ★★★★★(とにかく、生地がおいしい!もう一回、今度は誰かと行って、ざぶとんとお好みを攻めたい気がしますね)

さらに詳細なリンクも更新しましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。