あきらめではなく

来週から中間試験です。一週間くらい前になると、ボチボチ試験範囲も終わりはじめて、復習の時間へと移行していきます。
先週試験範囲を終えて、今日から復習に入るクラスがひとつ。あした終わるクラスがひとつ。たぶん明後日終わるクラスがひとつ。
問題は、この「復習」の時間をどう使うかなんですよね。
ここで遊んでしまうヤツがいるんですが、たいていそういうヤツは試験はボロボロです。まぁ、何度も繰り返してるので、マヒしてるんでしょうね。で、「どうせできない」ってあきらめる。
そうそう。この間、こんなことを生徒に言いました。

君たちと大学生。あるいは大学生と大学院生の違いはなんだと思う?
勉強ができるかどうかじゃないよ。大学院生よりはるかに勉強ができる大学生はいるよ。大学生よりはるかに勉強ができる高校生はいるよ。違いはそこじゃない。違うのはね。
「わからない」と思った時にどうするかなんだ。
勉強ができない高校生や大学生は「わからない」と思った時にあきらめるんだ。でも、勉強ができないけど大学院まで行く人は、「わからない」と思った時「考える」んだ。そのほんの少しの違いなんだよ。

わかるかなぁ…^^;;。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。