「人生」と「人生訓」

夜、テレビをつけると美輪明宏黒柳徹子が並んでいます。すごいペアです。思わず見ちゃいました。
でも、見ながら、妙な違和感が…。
まぁ番組のつくりがそうだと言われたらそれまでなんですけど、若い(たぶん)人から見たら、美輪明宏って「教祖様」みたいな感じなのかなぁと思ってしまいました。
たしかに、美輪さんにしろ黒柳さんにしろ、それぞれの経験に基づいて語られる一言一言には「力」があります。その「力」に、ふと引き込まれそうになる自分がいることは確かです。
でも、
「ちょっと待てよ」
と思う自分がいることも確かです。なぜそんなことを感じるんだろう。あぁそうか…。20歳の若者とわたしの年齢差よりも、わたしと美輪さんの年齢差のほうが小さいんだ。
たぶん美輪さんが教祖になろうと思っているのではなく、美輪さんを知った「若い人」が美輪さんを教祖にしているんだ。というか、「教祖としての美輪さん」を必要としているんだ。
わたしはあの番組の前半にすごく魅力を感じました。なぜなら、美輪さんがご自分の「人生」を語られていたからです。いろんなことを考えさせられました。でも、後半はあまりおもしろくなかった。それは「人生訓」が語られているように感じたからなんです。でも、たぶん、「教祖としての美輪さん」を必要とする人は美輪さんが語る「人生訓」に魅力を感じるのかな。なぜなら、そのものズバリの言葉で教えてもらえるから。
そんなことをふと考えました。
美輪さん、途中で
「得るものがあれば失うものがある。だから今はじっとしてる」
って言っておられました。
なるほど…。

カテゴリー: 考え パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。