あんまりしゃべらんでよかったんや

で、午後からのシンポジウムに備えて打ち合わせ。
パネラーは4人。他の人はちゃんとした活動をしておられますが、ひとりジャンルが違います。助言者もコーディネーターも、なんとなくわたしの方を見てニヤニヤしておられます。
「順番、どうしましょ」
「うーん、いつきさんを最後にしたら、ぶっ飛んで終わるからなぁ」
「起承転結の「転」だから3番目かなぁ」
「えー、そんなことしたら最後がメッチャしゃべりにくいですよ」
あのね^^;;。
てことで、3番目になりました。
シンポは開始からいきなりコーディネーターが打ち合わせと違う話から入って会場を和ませてくれます。しかも、パネラーの紹介は他はみんな名字なのに、わたしだけ「いつきさん」。ま、うれしいですけどね。
まぁ、そんなこんなで、和やかに、でもいい論議ができたんじゃないですかねぇ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。