片づくのか?からスタートした一日

昨日は布団をすべてとられていて、しかたなしに、廊下に布団を敷いて寝ました。てか、いつものパターンなわけですが…。
で、6時頃に目が覚めて、二度寝。8時くらいから、とりあえず缶をプシュとして、焼きたてのパンをあてに呑みはじめます。これ、あとでダメになるのがわかっているのにやめられないんですよね^^;;。
で、しばらくゴロゴロして、とりあえず片づけ開始。ですが、なかなか進みません。まいったな…。そうか、今日はスタッフとか「スタッフみたいな人」が少ないんだ(T_T)。とたんにやる気を失います。でも、昨日の夜にかなりのところまで片づけてくれていたので、のつこつしながらも、さぼりさぼり片づけを進めて、とりあえず12時半頃に終了→閉店です。

で、おたふくへ。
なーんか、体調は悪いんですけど、お酒は入ります。でも、食べ物が入らない。最低ですね。
ま、会話ができるからいいか。
今日は「一対一でサポートする」と「グループの力を利用してサポートする」の違いなんかについて、いろいろ話。うーん。興味深かったですねぇ。

で、5時頃に終了かと思いきや
「王将だね!」
という声につられて、なぜか餃子を買い込んで鴨川の河原へ。こうなったらヤケです(笑)。Bんちゃんも呼び出して、延々と話。気がつくと9時過ぎまで呑んでましたよ。
家に帰ったら、歯磨き終えて、そのままバタンキューです。

1 thought on “片づくのか?からスタートした一日

  1. 『憎悪は強盗』

     なるほど、そう言う側面もありますね。相手から奪うだけではなく、憎悪ってその主自身から生きる力を奪ったりもしますし。

     例えば私はとても醜い人間なので、色々な人を心の底から憎んでいますが。でも、それって、とてつもなくエネルギーを使います。あげく、自分が生きる力や意欲も失ってる。自分自身まで憎くて憎くて堪らないんですよね(鶏卵かもしれませんけどね)。

     あと、あのヘイトスピーチって不思議。もし仮に本当に特権があるんだったら。特権を享受している側をdisっても何も変わらないのに。与えた側に言わなくちゃ。

     特権云々は単なる口実で、ホントは相手国(政府など)が嫌いなんだったら。その国の大使館とか領事館にデモをしかけないと。なんらかの属性に憎悪をぶつけても、そりゃ八つ当たりデショ。日本政府が気にくわないからと言って、日本車を燃やしたりする某国民の一部と一緒。

     。。。とか色々考えると。上記某国民の一部と一緒で、ヘイトスピーチする人の真の動機は、憎しみをぶつける相手の属性なんかにはなく、もっとその人の内面にあるような気がしてなりません。。。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。