原理にあたる

懸案事項のうちのひとつが「サークラインのソケット交換」でした。
うーん。なぜサークラインのソケットには穴が4つあるんだ?そもそも、どういう配線になってるんだ?とにかく、ボロボロになったソケットにつながっているコードに色をつけて、交換開始。
さて、終了。スイッチオン…。ありゃ?片側しかつかない…。で、色わけした配線をつたっていくと…。ありゃ?片方が両方ともグロー?おかしい…。で、ネットで確認。そういえば、大学時代励起状態がどったらこったらって習ったよなぁ^^;;。
やっぱり、原理から考えたほうが確実なんだな…。
てことで、配線替え。無事つきました。が、サークライン、三灯中二灯切れてたんかい!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。