不思議な風景

朝、電車に乗ると、いつものおじさまが乗り込んできて座られます。と、しばらくしたらそのおじさま、ふと立たれます。代わっておねえさまがそこに座られます。おじさまは、しばし扉の前に立った後、いずこへか立ち去っていかれます。
毎朝繰り返される不思議な風景です。

カテゴリー: 日常 パーマリンク

不思議な風景 への3件のフィードバック

  1. 冴(さえ) のコメント:

     いつき様、大変でしたね。でも小さな怪我で済んで本当によかったですね。また、16日には玖伊屋で御世話になりますので、よろしくお願いします。

  2. 樹村 のコメント:

    なんか、私が「メンタル半落ち」(鬱に落ちかけ、もしくは鬱から回復しかけ)の時の症状と似てますね。。。

    色んなことで頭イッパイ。そのため注意力や集中力が落ち、転けたり、蹴躓いたり、指を挟んだり、鍋を焦がしたり。

       ※ 余談ですが。こゆ状態の時、「鍋の火を消したかどうか
        気になる」と塚ポンに言ったら、彼、強迫と誤解しはりま
        した。やぶ(-_-;)。注意力が落ちてるから自分が信用なら
        ないだけなのに。

    こゆ状態の時は、色々続きます。いつきさんも、半落ち状態かどうか分かりませんが、念のためお気を付けて。あ、バイクとか乗らない方が良いかも。

  3. ituki のコメント:

    ども、ありがとうございます!
    どうもここ数日「ダメ状態」が続いています。でも、そろそろ持ち直しそうなので、ちょっとホッとしています^^;;

    でも、なぜなんでしょうねぇ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。