さすがはプロ!

で、夕方、5月に京都で「BENT」という芝居をされる蓮池龍三さんと合流。5月の公演のあとの打ち上げ会場*1の確認をして鞍馬口へ移動。なんかここでイベントをしていて、わたしに会わせたい人がいるとか。
会場に行くと、なんともいえない落ち着いた中になごやかな空気が流れています。と、紹介されたのが鈴木重子さん。プロのジャズシンガーです。
とりあえずごあいさつをして、あとは蓮池さんとビールを呑んだりご飯を食べたり。そうこうするうちに、蓮池さんと話をしたい人が何人か来られて、いろんな話。ところが、蓮池さん、本日の一番大切な任務「ビラまきへの旅」へと旅立たれていきました(笑)。てことで、アウェイ感満載のまま、わたしも会話に混ざることにしました。うん、でも深ーい話ができた気がします。
そうこうするうちに、自己紹介開始。
と、鈴木さん、歌ってくださいました。
ふだんしゃべっておられるときは小さな声ですが、歌になると心まで震えるような深ーい声で歌われます。すごい!これがプロの声なんですね。

で、鈴木さん、どういうわけか
「お話しましょう」
ってことで、二次会では隣同士に座って、ジェンダーのこととかアレクサンダーテクニークの話とか。
なんだろう。身体と心をコントロールしているとこんなふうになるんだという感じです。うーん。

家に帰ってパートナーに
鈴木重子ってジャズシンガー知ってる?」
って言ったら、
「知ってる!ボサノヴァも歌ってるよ。わたし好き!」
ってことだったので
「今日会って一緒に呑んで、いっぱいしゃべってきた」
って言ったら
「えー!うらやましい!」
って言われちゃいました。まぁそりゃそうか^^;;。

*1:早い話がマダン文庫センター

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。