すごい!

校正は、とにかく強制一段落プレイです。いや、他のことがまったくできません。
てことで、この一週間やり残してきたあんなことやこんなことをさくさくやります。まぁ、頭を使う仕事は最後まで残るわけですが(T_T)。

で、夕方から移動開始。
夜は三重県南部に到着。なんでも、夏に行かせてもらった時に「もっかい来い」となったみたいです。
しかし、人権教育研究会の研修会が、金曜日の夜のゴールデンタイムにあるってのが信じられません。思わず
「うちの研究会だったら、確実に飲み屋の座敷でやろうかとなって、参加者見たらカウンターでできるやんみたいな人数になりますよ」
と、わけのわからんマクラではじめたのですが、ウケませんでした^^;;。

集まってこられたのは130人ほど。研究会の人数が200人くらいということなんで、半分以上の方が参加されていることになります。
つくづくすごいと思います。
みなさん、研究会に入るのが当たり前で、研修会に参加するのも当たり前なんですね。いや、「それが当たり前ではないところに行ったら」って批判は可能なんですが、でも「当たり前でないところ」しか知らないわたしにとって、やはりすごいことだと思うわけです。というのは、それが当たり前である間に、いかにたくさんの蓄積が得られるかと思うわけです。
おそらく、なんにつけても、どんな逆風が吹こうが、たとえそれが暴風であろうが、あくまでもやる「確信犯」なんてのは、ごく少数の人なんだと思います。
例えば、わたしだって、ある局面では「確信犯」でしょうが、別の局面ではまったくそうではない。そんなもんです。
で、「確信犯」はどうでもよくて、そうではない人がどれだけ蓄積を得られるかは、やはり「当たり前」であることが大切だと思うのです。そして、今目の前にいるみなさんにはそれがあると思った時、素直に「すごい!」と思ってしまうわけです。

かと言って、みなさん、嫌そうでもなければ、まじめくさっているわけでもありません。「どうせ聞くなら楽しく」という空気がすごく伝わってきます。
今日は二時間もらっているおかげで、普段しゃべれないところまでしゃべらせてもらえて、うん、感謝です!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。