お掃除当番

先週が女性休養室の掃除当番でした。ただ、先週は鬼のように出張が入っていて掃除をするひまがありませんでした。
てことで、今日やることにしました。
ほとんど誰も使っていない部屋なので、ゴミもほとんどありません。でも、掃除機をブイーンとかけました。
この部屋に自分のロッカーを置かせてもらうために何年もかかったなぁ。でも、いろんな人が協力して置かせてくれたなぁ。そんなみなさんへのお礼の気持ちをこめながら掃除しました。

お掃除当番” に7件のコメントがあります

  1. 以前も同じようなコメントをした気もしますが… 全体的な内容はごもっともで、私も同意するのですけれど。

     > 例えば徴兵制というかたちで出てくるかもしれない

    この点は、どうでしょうか。徴兵制って、日本の場合、
     軍事的合理性
     (韓国などと違って、日本には歩兵の頭数が重要な         戦場が想定されない。また、ヘタレが多い今の若
      者を訓練するのはとても大変で、訓練する自衛隊
      に過重な負担がかかる)
     経済的合理性
     (人数増やすくらいなら、その分最新装備をより多
      く揃えた方が効果的だし、装備を売る米国も喜ぶ)
    が両方とも無いし、また
     財政事情
     (徴兵される兵に衣食住を支給する予算がない)
    からも考えにくいかと。安倍ちゃんや石原あたりは、懐古趣味からやりたいのかもしれませんが。

     また、今のネトウヨ君達などが「北朝鮮・韓国・中国と戦争も辞さず」みたいに気軽に言うのは、自分たちや自分たちの子どもは絶対戦地に送られないと思っているのも一因だと思うんですよね。。。

     徴兵制って私は、上記のように(是非の面からはもちろん)合理性などからもアリエナイと思いますが。そこを無理矢理導入したら、案外、好戦的な世論が抑制される方向に働くかもしれません。

    オマケ。
     ネット見ていたら「投票率が低いのは、左翼の組織票の比率を高めるため、教え子たちに選挙なんかクダラナイと教育している日教組の陰謀」みたく言ってるアホの子がいてました。やれやれ。電信柱が高いのも…

  2. たしかに現在声高に「徴兵制」を叫んでいる人たちは、単なる懐古趣味というか復古趣味というか、そういうニュアンスは感じますね。でも、全体として「戦争ができる国づくり」というか「戦争を辞さない国づくり」というか、そっちへ向かっているんだろうなぁという気がしてなりません。

    それにしても、「郵便ポストが赤いのも…」

  3. いつきさんの「考え」、カッコイイです。と共感。

    「呑み」の高菜の鍋…? 興味があります。私、辛いもの好きです。

    なんかしょうもないコメントですみません。でも、いつきさんの考えに共感したことや、「呑み」がうらやましいと思ったことを伝えたくて…。

  4. えへへ^^;;
    ありがとうございます。
    かつて生徒たちがこの手の話を聞いてくれなくなった時期があって、「もうええわ。しゃべるのやめよう」と思ったんです。そしたら、教育基本法が改悪されちゃった。あの時に「語るのをやめた時何が起こるのかとということを身にしみて感じたんです。だから、もうあきらめるのはやめました。そしたら、案外みんな聞いてくれるようになりました。
    最後の方の「どうしてたらいいか?」「どうすればその一票を選べるか?」は、生徒からの質問に答えたものなんです。
    そういう質問が出てきたことが、すごくうれしかったです!

  5. ひさびさに来たらAッシュの話が出てる!

    戦争に行った本人が壊されて、
    そいつが帰って来る場所に住んでる
    家族とか友達とか地域コミュニティーとか、
    これから生まれて育っていく子どもたちとか、
    そういうのも、その人たちも全部壊される。

    もうね、ほんまに、ムンクもびっくり。
    あのまま猿轡されて手足グルグル巻きにされてる感じ(_ _|||)

  6. > 全体として「戦争ができる国づくり」というか「戦争を辞さ
    > ない国づくり」というか、そっちへ向かっているんだろうなぁ
    > という気がしてなりません

     現代の戦争には経済合理性が無いので、本気で戦争する気はないと思います(少なくとも、安倍や橋下は。石原は、最近老いが見えるので不安ですが)が。でも、おっしゃるとおり、方向としてはそういう方向に進みそうですね。タカ派のウチさらに右派は「戦争も辞さず、という態度が、自国の安全を図る最善の道だ」と思っていますからね。

     ただ、少なくとも来夏の参院選までは、その方向は抑えられると思いますよ… 参院の状況を見れば、今、公明との連立を解消するワケには行きませんし。タカ派色を出し過ぎると、参院選で不利だと考えるでしょうし。

     実際、ここ数日の各種報道を見ても。安倍ちゃん、外交防衛におけるタカ派色は抑えていますよね。

     私は、今すぐ安倍政権になって不安なのは、軍国化よりも、あのリスキーな経済政策と、教育問題の方だと思うんです。特に経済。一つ間違えば制御出来ないインフレや財政危機を招くし、物価が上昇しても給料は上がらない状況になる可能性が高いので。

    オマケ。
    フィリピンの外相は、日本の再軍備について先日「歓迎する」と述べたそうですね。それに対し、中韓は警戒。シンガポールのリー・クアンユー元首相は日本の再軍備について「アル中なので禁酒していた患者が、まぁこれくらいなら良いでしょと、少しお酒を飲もうとするようなもの。普通なら問題にならない酒量でも、アル中だと言うことを考えると…」と評したとか(外交専門誌フォーリン・アフェア)。

     リーの喩えが、アジア各国の不安を上手く言い当てていて、秀逸。

  7. > K淵さん
    まさか自分が「平和」について語る日が来るとは思いませんでしたよ。でも、自分のまわりには「新鮮素材」がいっぱいあって、それを刺身で出すことはできるってことに、ほんとに気づかされました。

    > 樹村さん
    あぁ、経済と教育!ほんまです、ほんまです。
    それにしても「アル中」のたとえ、めっちゃわかる^^;;

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。