なぜにわたし?

今年の3月くらいでしょうか、突然一通のメールが来ました。
「来年5月に、京都でBENTっていう芝居をします。協力してください」
んーとですね。
なんでわたし?
わたしに協力依頼があっても、たぶんなんにもできませんよ。だって、なにかの団体に所属しているわけでもなく、というより、旗色鮮明なだけに、逆にテコでも動かない人すら出てきます。もう少し団体やってる人とか人望のある人に協力依頼したほうがいいんじゃないですかねぇ。そう思ってそのことを伝えたのですが、
「かまいません」
とのこと。って、本末転倒だよとは思ったのですが、まぁそこまで言われたらしかたないです^^;;、
「では、できることを」
となっちゃいました。でも、できることはたかがしれてるんだよなぁ…(T_T)。

で、今日はその連絡をしてこられた役者さん蓮池龍三さんが京都に来られるとのことなので、お会いすることになりました。
新幹線の改札口から出てこられた蓮池さんの手には、なぜか崎陽軒のシューマイ。おみやげとのことです。うちの子どもら、メッチャ喜びます!なんか、いい人だなぁ。
「どこで昼ビールご飯にしましょう」
「どこでも」
ちょっと考えましたが、やはりここは聖地・おたふくしか思いつきません。
「では、日本一おいしいお好み焼きを」
「ではそれで」
おたふくで、ビール→焼酎といって、いったん撤収。その後、梅津へ移動して、到着したのはポシェットというパン屋さん。今日はここで、オーガニックシアターの「天使見習い」があります。それを見につれていっていただきました。久しぶりの生の芝居は楽しいです。心地よくも考えさせてもらえる一時間を過ごしました。
その後、烏丸丸太町に移動して、演出のナガノユキノさんとあいさつ。
んー、みなさんほんまもんの役者さんです。ミーハー心が弾みます!
てことで、夕方にバイバイ。
今日はなんしか最初の出会いの日とのことです。やはりメールではわからないことがたくさんありました。会って、同じ空気を吸い、同じ芝居を観、なにより話すことで、距離がはかれるようになります。そうそう、不可欠なものはビールかな(笑)。
てことで、来年の5月16日~18日、京都文化芸術会館でBENTの上演です!

って、ここ、誰も見とらんな(T_T)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。