正しさはどこにある?

1年ほど前に、某所で骨密度を測った
「若い成人男性の36.6%。重度の骨粗鬆症
と言われてしまいました。
それ以来、はじめは軽い薬、次は本気の薬と、治療を続けてきました。でも、一度低下した骨密度は、薬を飲んでもあがらず、その数値を維持しながら、骨そのものの強度をあげていく*1形で補強をすることしかできないと言われました。
なので、
「まぁ、この骨とつきあうかぁ」
と思っていました。
ところで、今日、半年ぶりに行きつけの整形外科で骨密度を測定してもらってんですが…。
ごていねいにも2回も測ってもらったのに、以下の数値。

1回目
あなたの骨密度は同年代と比較して120%
若い成人と比較して112%
2回目
あなたの骨密度は同年代と比較して98%
若い成人と比較して96%

ちなみに、1回目をはかったあと、なにやら向こうでもめてて、2回目はかったんですよね。で、数値でわかるように、1回目はデータ処理を間違えて(笑)女性でやったらしいです。もっとも、いまのわたしの性ホルモンの状態は更年期女性なんで、まぁ、「正常値」は、ふたつの間くらいじゃないかと思うのですが。
にしても、完全に正常じゃん!というより、考えようによってはよすぎるぐらいですやん!
もっとも、前に測ったのは腰椎部分で、今回は上腕部なんで、前回のほうが信頼性の高い測定方法ではあるらしいんですが、それにしても、数値が開き過ぎています。
可能性としては
1、今回が間違い
2、前回が間違い
3、奇跡的に数ちが改善した
4、体の場所によってバラツキがある
前に授業中に骨を折ったことを考えると、4かな(笑)?

なんしか、薬は処方してもらえず、4ヶ月後に再測定ですわ。

*1:カルシウムが骨につきやすくする

正しさはどこにある?” に4件のコメントがあります

  1. 少なくとも36.6%はあり得ないですよね。骨密度の体内差は多くても10%(?)程度らしいので明らかな測定ミスではないでしょうか。(1回目で)100%を超えているということはすごく安心ですね。
    ニーハオは牛乳をよく飲むのですが、Caの吸収を阻害するPも多めの食事なので少し気になります。また測定してみたいです。

    6月23日の玖伊屋は試験の1週間前のため欠席しますが、8月には今度こそ行きたいと思います。(今回は英語で数学を解く試験が登場します)

  2. いやいや、100%を超えている方がありえないのかもしれません。なんしか4ヶ月後ですな

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。