改定入管法の勉強会

今日はわたしも所属している「全朝教京都」の久々のセミナー。前に開催したのは…。「私には浅田先生がいた」の出版記念会だったから、メッチャ前のことです。
で、今回は、この7月から施行される改定入管法の勉強会。RINKの草加さんに講師で来ていただきました。
詳しいことははしょるとして^^;;、えらいことです。
まずは、なんでわたしがはしょるのかというと、ややこしくてわからへん。で、日本語がまぁわかるわたしがわからへんということは、日本語がわたしよりも不自由な人、つまり、入管法が対象にしていて、今回もっともターゲットにしている中長期滞在者にとってはもっとわかりにくいということです。しかも、きちんとアナウンスされているかというと、かなり不徹底です。
で、内容的にも罰則規定が大幅に強化されています。どうやら、外登法が「運用面」でいろいろ配慮してきた部分を、一気にガラガラポンする意味で、外登法をなくして入管法で一本化しようというのが狙いとか。
にしても、ここの産業とか、日本人はほとんどやらない仕事やし、どないなるんやろう。

改定入管法の勉強会” に1件のコメントがあります

  1. まさか鴨川の畔でヘッドライトを点けるとは思いませんでした。まぁ、京都へヘッドライト持って行っているというのもどうかとは思いますが‥‥
    でも、楽しい時間でした。ありがとうございました。
    セミナーは勉強になりました。十分に理解できたとは言い難いですが…。多くの「日本人」にとって「他人事」だし、一部の人には歓迎すべき改訂なんでしょうね、自分の首を絞め続けていると言うことを理解できずに。取りあえず、徳島の状況を確認します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。