シニア相手・雪と氷の世界(3日目)

朝、外は雪です。けっこう積もっています。昨日の夜はうっすら月が出ていたのに…。でも、今年は雪が少ないから助かります。が、レッスンをする側としては困ってしまいます。新雪、ましてや今日はシニア相手。メチャクチャ緊張します。とにかくすべてを「安全側」に振ることにします。
ちなみに、シニアと言っても上級者です。70を過ぎてもなおパラレルでどんどん滑ってこられます。姿勢もいい。わたしができることと言えば、シーズンはじめなので「思い出してもらうこと」と、「楽しく滑るためのガイド役」くらいのものです。
スタッフの仕事って、「技術を教えること」ではないと思います。たぶん「スキーの楽しさを伝えること」。その楽しさの根底はもちろん「上達すること」です。スクールに入る人は、誰だって
「うまくなりたい」
と思ってこられます。だから、それに答えるのは当然のこと。でも、それプラス、
「楽しい」
と思ってもらえることが大切だと思います。「自分ひとりだと行かないところ」に連れて行くこともそうだし、「こんな天気じゃ滑らない」という時に滑りに行くこともそう。あと、「安全にガイドする」ことも楽しさのうちのひとつだと思います。だって、「こわい」と思いながら滑るのと「この人の先導だったら安心」と思ってもらいながら滑るのでは、楽しさは格段に違いますからね。
ちなみに今日はお孫さん*1も一緒に滑りました。このふたりにも楽しんでもらわなくちゃなりません。かなり難しいテーマではありましたが、それでもなんとかこなして終了。ふぅ…。
レッスンの後はもちろんトレーニング。今日はどこに行こう…。そうだ!わたしが全山で一番好きな「あの斜面」に行こう。ここは圧雪車も入らず、リフトもかかっていないため、あまり人が来ません。当然のことながら「天然もん」のバーンです。今日ならまだ新雪が残っているでしょう。案の定、少し雪は重くなっているものの、新雪が残っています。3本ばっか楽しんで、あとは少し荒れ気味のフラットバーンを飛ばして終了。あ〜、おもしろかった。
スクールに帰ったら雪かきの手伝い。その後、お客さんが食事をしている間にお風呂。なぜか厨房を手伝わなくてすんだみたいで、ちょこっと仕事。
そして夕食。ここでまたまた驚きの発言が校長から飛び出します。
「この人、実は男じゃないんだよ」
言われた相手は、これまたここ10年ぐらい一緒に厨房で仕事をしている人です。
「えぇ?わけがわからない…」
まぁそうでしょう。わたしは笑う以外やることがありません(笑)。
それにしても、そうか。校長はそういうふうに認識してくれていたんだ。でも、去年はこんなことはなかったな。校長がわたしのことを知ったのは「○ートをつなごう」でたまたまわたしのことを見た時だから、かれこれ5年ほどかけて、少しずつ認識を変えていってくれたんだろうな。
なんか、うれしかった。こうやって、少しずつ居心地がいい場所が増えていく。
さて、厨房の手伝いをして、仕事を仕上げますか。

*1:と言っても、小学生と大学生。元気盛りです。

シニア相手・雪と氷の世界(3日目)” に6件のコメントがあります

  1. >スタッフの仕事って、「技術を教えること」ではないと思います。たぶん「スキーの楽しさを伝えること」。その楽しさの根底はもちろん「上達すること」です。
    →これはいろんなことに応用できそうです。

    スキーは羨ましいです。ニーハオは生まれてから一度もスキーをしたことがありません。高校でスキーをするつもりでしたが、風邪をひいて休んでしまいました。あえて(笑)

  2. 新年おめでとうございます。3学期が始まりましたね。
    来月はいよいよ伊丹でお会いできます。楽しみですww
    講演会終了後はぜひ私たちの分科会(人権教育分科会)にご参加していただきたく、久々に投稿させていただきました。分科会テーマは「未来を拓くpart2 〜今、部落問題を考える〜」という他の分科会ではあまり見られないストレートど真ん中の分科会です。お待ちしておりますwww

  3. > ニーハオさん
    なにごともチャレンジでっせ(笑)!

    > はねきゅさん
    もちろんもちろん午後からも参加のつもりです!
    もしかしたら、たぶん、夜も伊丹をウロウロするような気が(笑)

  4. > スタッフの仕事って、「技術を教えること」ではないと思います
    > たぶん「スキーの楽しさを伝えること」。

     うーん(@_@;)… スタッフの方って、そんなことを考えてはるんですね。私がスクールに入った時は、、技術指導"だけ"を期待していたんですけど。道理で、期待に応えて貰えないことの方がずっと多かったワケだわぁ… まぁ、お書きになられているように、楽しさの中に技術もあるのですけれど。

  5. いや、たぶんこんなことを考えているスタッフは少ないです。
    ただ、わたしはいろんなことからそう考えるようにしているだけのことです。ちなみに、「技術を習得したい」というお客さんにはそれに応えるべくがんばるわけで^^;;

  6. > なにごともチャレンジでっせ(笑)!
    スキーがやりたくなってきました!(広く浅く、たまに深くやりたくなる性格なので・・・。)

    > いや、たぶん・・・
    求められていることに応えられるのが、いい指導者と言えるのですね。
    大学のテニスの授業では、「楽しくやっていこう。」がまず大きな目標であり、(特に上級者には)さらに技術も授けてもらっています。
    というより、今日が最終授業でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。