合宿の朝ならではの目覚め

ふと目が覚めると屍累々。しかたがないので、冷蔵庫からチューハイを出して呑みます。そのうちみんな、のそのそ起き出してきて、思い思いにプシュップシュッとやりはじめます。
チェックアウトまで30分ほどになったところで突然片づけ開始。で、とりあえずK野さん以外の徳島組とバイバイです。で、向かったのが、手打うどん讃岐屋。なんでも、前にK淵さんたちと一緒に徳島に来た時、わたしの会議中にここまで来て、おでんの辛子に痛く感動したらしく、また食べたいとかいうことで、来てしまいました。で、その問題のおでんがこれ。

鬼のようにかかっているのが辛子です。この辛子、不思議な味です。ダシが効いているだけじゃなく、スダチかなにかの香りもします。たしかに辛いのですが、その辛味もさほど強くありません。なんでも、この辛子、この味になるのにけっこうたいへんだったそうで、「門外不出」となっているようです。
あ、もちろんうどんのお味もすごくいいです。わたしが頼んだのは「生醤油卵つき」なんですが、普通に盛られてきたにもかかわらず、量が多い!ちなみに、うどんに辛子を入れても、これまたおいしい。
ということで、大満足しながら店を出ようと思ったのですが、ここでお店のおじさんからひとこと。
「いろんな国の人が来てるんだね」
そりゃそうです。日本人以外をカウントすると、アメリカ人・アメラジアン・ペルー人となかなかバラエティに富んだメンバーで、食卓では英語が飛び交っていましたからねぇ。
ということで、無事食事も終わったところで、京都に帰ります。もちろんわたしはビールを呑んでいるので、ドライバーはTーマスです。ディープパープルだの清志郎だのをカーステでかけながら、ひたすら爆走しているうちに寝ちゃいました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。