宣告

夜、パートナーが帰ってきて報告をしました。
「余命1年だって」
案外落ち着いた顔をしています。
「そうか…」
意外なほど落ち着いている自分に、自分自身が驚きます。
もう16年も一緒に過ごしていて、いるのがあたりまえになっているのに、それがもしかしたら1年以内にいなくなるかもしれない。そう考えると、これから先は
「これから先は、一緒にいる時間が刻一刻と短くなるって感じなんだなぁ」
とあらためて思いました。
一緒にいる時間をより濃密に過ごしていきたい気もするし、でも、なかなか家にいられない現実もある。でもたぶん、淡々と日常を過ごしている間に「その時」が来るのかな。

でも、ほんとうに急激に変化したなぁ。このあいだまで普通に歩いていたのに、昨日あたりから急に後ろ足が地面に着かなくなって、今日帰ってきた姿を見たら、完全に3本足になってしまっている。まぁあまり無理をせずに、のんびりすごしておくれ。
あ、余命1年は犬のことです。

8 thoughts to “宣告”

  1. 16年ってあたりで勘定の狂いで気がつけば良かったのですが、私も心臓に来ました。
    ふう〜。

  2. ウチの子ども、18やしねぇ。
    てか、このネタ、パートナーに言ったら
    「あんたなぁ。アホか」
    と言われましたよ。

  3. 16歳なら慣れている存在になっていますから辛いでしょうね。
    ペットロスにならないように気をつけて下さいね。

  4. 俺も心臓が・・

    びびびびっくりしました!!!

    話は変わりますが
    昨日は楽しかったです☆
    高校の先生との
    セッティング
    お願いします☆

  5. みなさん、すみませんすみません。
    でも、たとえ犬であっても、やっぱりしんどいものですね。

    > Sさん
    りょうかい!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。