過ぎてしまった夏

世間ではまだまだ夏真っ盛り。でも、最近の学校は
「すでに夏は終わった」
なんですね。理由は「クーラーがあるから授業はできる」なんです。でもね、うちの学校、クーラーがあるのは原則普通教室だけ。てことは、音楽室とかはないし、習熟度なんかで伸びたクラスはクーラーなしなんです。なかでも一番きついのが体育。グランドにも体育館にもクーラーはありません。地球温暖化の昨今と逆行している気がするのですが…。
というのはおいといて、今日は始業式。2学期の開始です。
とはいえ、午前は式とホームルームと休み明けのテスト。まぁスロースターとかな。
午後からは文化祭の準備です。
生徒たちはクラスのとりくみをしているのですが、わたしたちは仮設舞台の設営だったりします。
この設営、実は1年で一番わたしが目立つ時です。なぜなら、仮設舞台のまわりに暗幕を張らなくちゃならないのですが、そいつをかけるロープが、他の誰にも張れないという。
みなさんから
「ロープ張り職人」
とか言われながら、汗だくになってロープ張り完了です。
まぁ、授業をしているよりこういうことをやっている方がよっぽど楽しいので、それはそれでいいんですけどね。
にしても、やっぱり身体がきつい^^;;

4 thoughts to “過ぎてしまった夏”

  1. 心電図でタオルを掛けてもらえるのって?
    私は何時も掛けてもらっています。また、まわりをカーテンで隠されます。あれは何か意味があるのですか?

  2. そうなんだ!
    何時も掛けてくれるから、そういうもんだと思っていました。
    そういえば、他の先生には掛けていないようだったな。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。