まずは燃料補給(GID学会1日目・その1)

朝起きた瞬間
「ここはどこ?」
あ、ホテルか。時計を見ると、9時半。てことは6時間寝たのか。充分寝てるやん。
とりあえず朝ご飯を食べて、T村さんを待ちます。やがてあらわれたT村さん、かなりお疲れです。当たり前か。わたしもしんどいし。
ホテルの斜向かいのおそばやさんで昼ご飯。わたしはもちろん◯ールを呑みます。T村さん、曰く。
「やっと復活したって感じね」
そりゃそうです。
支払いの時伝票をみたら「L2」とあります。ちなみに、その隣には「G」の文字。
「L」がLadyだとしても、「G」ってなんだろう…。Group?と、さすがは英語教員のT村さん、「Gentlemanでしょう」。なるほど。にしても、「G」の隣に「1」と書きかけているのが笑った。

7 thoughts on “まずは燃料補給(GID学会1日目・その1)

  1. 詳しい紹介ありがとうございました。
    これで私はぐっと楽ができます(笑)

    >札幌医科大学の齋藤さん(?)がピンチヒッター。

    メモによると、ピンチヒッターは、橋本恵理さん(札幌医科大学神経精神医学講座)です。

    >続いて、石原さん(だったと思う)の質問
    石原理さん(埼玉医大産婦人科教授)です。

  2. お疲れ様でした。レポートありがとうございました。

    2年続けてお休みすると、いつきさんやRさんや野宮さんのご尊顔を忘れそうです(^◇^;)

  3. ずっと飲んでいたのかと思っていたら、さすがのレポートですね。
    続きも期待。

  4. > 順子姐さん
    フォローありがとうございます。

    > 樹村さん
    来年はお会いできますよね!

    > annojoさん
    続き…。それがですね…^^;;

    > Ranさん
    ひぇ〜!来られたんや!
    「限界を知る」の「限界」のことを書き忘れていたのですよ。「ふぅ」は後半に出てくるんですよね^^;;

  5.  い、いえ、来年まで生きていられるかどうか… とりあえず、今夏の部屋の更新は乗り切れるかしら…

  6. 部屋の更新…。
    それはたしかに厳しいですね。
    ちなみにうちは、突然やってくる車の税金で、いつも死んでます

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。