フォビアはどこから来るのか

あくまでも「わたしの場合」ですが…。
やはり、小さい頃に「女装」をしたかった。でも、どうしてもできなかった。
つまり、「女装」へのすごいあこがれと、それへの「禁止」の感情が同時に自分の中にあったわけです。
それがそのまま内在化して、約30年間熟成されると、みごとな「フォビア」が自分の中にできあがります。
じゃぁ、これがその後払拭されたかというと、できないわけですね。
自分の中で「女装は禁止事項ではない」ということはわかっています。でも、そんな葛藤なしに*1軽々と「女装」をする人を見ると、うらやましさと同時にねたみみたいなものが出てくるわけです。で、それが身体反応としての「拒否」みたいになってくる。
まぁ頭ではわかっているけど、身体はそうは動かないという感じですか…。

そんなわたしですが、最近ようやく少しずつ身体が慣れてきたみたいです。ふぅ…。

*1:に見える

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。