92年度生の思い出・その4

これの続きです。
夏休み前のホームルーム。夏休み明けにある文化祭でやる「クラス演劇」についての話しあいです。
わたしは最初にハッパをかけました。
「お前ら、いままで2年間で何枚賞状もらった?みんないろんなクラスで賞状もらったかもしれんけど、それら全部足しても進学クラス1クラスに負けてるやろ。最後の最後で賞状とろうや!」
この言葉に呼応してくれたのか、はたまたみんながどこかでそう思っていたのかわかりません。でも、このあたりから急速にクラス全体が燃えはじめました。
「演劇のテーマ、なににしよ」
「こんなんは?」
「あかん、それでは勝てへん」
みんなが「勝てる劇」を探し、ちょうどあの頃話題になっていた「野麦峠」にとりくむことになりました。
夏休み中、わたしはあまり学校には行かず、放送部の合宿だのどこぞの研修会だのに行っていました。
夏休みも後半、クラスに行ってびっくりしました。3階の教室なのに、大量に自転車があります。
「これ、どないしてん」
「駅でもろてきた」
「勝手に持ってきたらあかんやろ」
「ちゃんとくれる言うた」
「それならええわ。こんなんなんに使うねん」
「糸巻き機、つくるねん」
「へ〜」
大道具班の連中を見ていると、その中に「え?」と思うMがいました。Mは、中学校時代からさんざん教員に反抗して、とうていクラスのとりくみに協力するとは思えないヤツでした。
「どないしてん?」と聞くと
「おぉ〜!なんか、燃えてるねん!」
なんでも、Mは少年野球を昔やっていたみたいで、野球部を引退した連中と一緒にキャッチボールなんかをしているうちに仲よくなっていったそうな。で、その野球部の連中が大道具班を一生懸命とりくんでいるのにつきあっているうちにおもしろくなってきたそうな。
「先生、このお地蔵さん、うまいことできてるやろ」
「お、これ。メッチャリアルやん。へー、発泡スチロールでこんなうまいことできるんや」
「先生、持ってみ」
「ん。なんや、これ!」
発泡スチロールだと思ったら、ほんまもんの石でした(笑)。
「この背負い子な、主人公載せるねん」
「まぁ、あいつ小さいしな。せやけど大丈夫か」
「大丈夫や。めっちゃしっかりつくってある」
「まぁ、もうすぐ2学期はじまるし、ちょっとは片づけとけよ」
「わかった」
そして、2学期がはじまります。いよいよ文化祭本番です。
本番直前まで、みんな練習です。なにしろ、セリフが入らない。でも、必死で覚えています。
本番の幕が開きます。みんな必死で劇をしています。
工場長役はクラスのボスのO。こいつが、工場で働く女性たちをはり倒すシーンがあります。そのうちの一人、Sは、高校3年になってからどこぞの暴走族の頭とつきあうようになり、高3デビューを果たしたヤツです。Oが立て続けに何人かを平手ではり倒します。そのうちの一人Sのほっぺたにまともに平手が入ります。他の子らの音とは違う、鈍い音がします。前の方で見ている生徒たちから「痛そ〜」という声が聞こえます。それでも、劇は淡々とすすんでいきます。やがてエンディング。そして幕。
幕が下りきった瞬間、幕の後ろから聞こえてきた雄叫びは、今も忘れることができません。
結果は優勝は逃したものの2位。同じく勝ちにきた「リア王」を演じた進学クラスは3位。
3位をとったにもかかわらず、まったく喜びの表情を見せなかった進学クラスに対して、うちのクラスは飛びあがって喜んでいました。
そして、御法度の閉会式最後のクラッカー。前年度までなんとなく黙認されていたのですが、この年は厳重に禁止を申し渡されていました。でも、生徒たちの動きからなんとなく「やるな」という空気が伝わってきていました。
「パーン!」
「こらー!」
その瞬間を、きっちりとカメラにとらえることに成功しました。
「3年◯組、体育教官室まで来い!」
生徒たち全員がそろって
「すみませんでした!」
「お前ら、全員で掃除せい!」
「はい!」
どうやらみんな、はじめから掃除をすること覚悟でやったみたいです。掃除が終わって全員で記念写真。このときの写真が卒業アルバムのクラスのコーナーの真ん中を大きく飾っています。

(続く)

4 thoughts to “92年度生の思い出・その4”

  1. こんなに先生覚えててくださってたんですか! 私たちだけだと思ってた。。
    幕がおりたあと、最後の挨拶でまた幕があがった時、涙止まらなかったな。最後の高校生活、文化祭がすべてだったなぁ(涙)
    夏休みもみんな男女問わずで、学校から近い私の家に集まって、何度も野麦峠のビデオを見て、こうしようああしようと台本に書き込みしました。
    そして私の家から帰るときにはみんなちゃんと制服に着替えて。。学校の行事のことだからって。
    先生が信じてくださってたから怖くなかったのかもしれないです。
    最後の紙吹雪、必死にちぎりました。。先生ごめんね(^-^; ありがとうございます!

  2. なにせ、はじめて担任した3年生だったから\(^o^)/
    あの文化祭のとりくみを見た時、生徒が生徒を変えるということがよくわかりました。だから、すごい安心感がありました。
    ちなみに、わたしもいっしょにクラッカーをならしたかったのですよ(笑)

  3. 覚えていて貰える生徒さんも幸せだけど、思い出して貰える先生も幸福ですね。私なんか高校3年間一人の担任だった(クラス替えなし)けど、まったく縁も思いでも無いモノ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。