いまさらだけど…

「ネタ」って鮮度が大切だなぁとは思うのですが、ほとんど腐りかかっているネタです。
「某国技」の話ですが…。
ああいうのって、死に至ったから「事件」になったけど、実際には日常茶飯事なんでしょうね。で、国技だけじゃなくて、さまざまな伝統的スポーツにおいては、「しごき」なんていうのはよくあることでしかないんじゃないかなぁと。なかでも「国技」までいったら、一歩間違うと「伝統」のもとになんでもありという話もあるんじゃないかなぁ…。
いや、なにが言いたいかというと、結局、いまや死語にされてしまっている感のある「美しい日本」の伝統っていうのは、そういうものじゃないかということなんですけどね…。

あぁ、まだあのフレーズを強調してくれる人がいたら、もっとネタネタしい感じだっただろうになぁ…。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。