脱稿

もちろん「脱肛」ではありません。>かずみさん(笑)
今日が原稿の締切。昨日「おもしろい」と沖縄の人に言ってもらえたので、とりあえず路線を変えずにそのまま突き進むことにしました。で、どうにかこうにか完成。
でも、どうもやっぱり手についていない感じです。たとえて言うなら、「ノックオン寸前」みたいな感じ。このままノックオン→相手ボールスクラムになるのか、それとも…。
てことで、今回の原稿の依頼者に読んでもらうことにしました。しばらくして「感想&ひとりごと」が返ってきました。なにか直接的な返事じゃなくて、文章を読んで「感想&ひとりごと」を書いていただけるって、すごくうれしいですね。というのは、わたしの文章から引き出された思いがあったっていうことですからね。てことで、ようやく「送信ボタン」を押す勇気が出てきました。

送信してしばらくした時、一通のメールが来ました。わたしが少し前に報告した内容のテープおこしでした。それを読みながら、「あ、これやん…」。なんとなく自分の中でつながるものがありました。
で、さっそく原稿を修正→再送信。

せっかくなんで、今回の原稿のタイトルだけ…。
「自分の航路を刻もう −トランスジェンダーという生き方−」
とっても短い文章ですが、いまのわたしの考えのスタート地点のような気がしています。

8 thoughts to “脱稿”

  1. 政治的 -0.2
    経済的 -1.48
    分類は、一応、リベラル左派だけど、
    いつきさん、さやかさんより、ずっと右寄りで、ほとんど中道。
    「中道左派」を自認する私としては、まあ、妥当な判定でしょう。

  2. おそらくこれって、「現実」と「思想」のバランスの問題なんでしょうね。「まぁこんなもの」という達観がなければ「極」にはしってしまう(笑)。

  3. はじめまして。
    コメントの書き込みは、初めてです。これからのよろしくね。
    わたしは、政治的には−6、経済的には6.67でした。リベラル左派でした。
    この指向、納得しました。

  4. いやぁ、バランス感覚のたまものだと思いますけどねぇ…。石を投げられるのは、実はわたし。
    ちなみに、リベラル左派が投げるのは(ry

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。