キャンプの朝

警告: 整合性のない脚注開始用の簡単コード:

この警告が見当違いであれば、管理画面の 全般設定 > 脚注の開始・終了用の簡単コード > 簡単コードの整合性を検査 にある構文検査の機能を無効にしてください。

整合性のない脚注開始用の簡単コード:

“家にいると文章が出てきませんねん。ちなみに、一番出てくるのは、どこかに行く電車の中だったりします。">*1。 お昼も近くなってきたので、そろそろ撤収です。荷物が少ないと、撤収も早いです。あっというまに撤収完…”

えらい息苦しいので目が覚めました。横を見るとすぐそこにパートナーがいます。なんでやねんと思ったら、そのすぐ横に下の子どもがいます。で、テントの半分があいています。6テン*1
お昼も近くなってきたので、そろそろ撤収です。荷物が少ないと、撤収も早いです。あっというまに撤収完了。近くで食材を買って、もっと山奥のマニアックなキャンプ場に移動。ここでお昼ご飯を食べて、お家へ。
家に帰って間もなく雨が降ってきました。メチャラッキーでした。
上の子どもに「今回のキャンプは満足やった?」と聞くと「まぁ満足やった」との答え。下の子どもは言うに及ばず*2、パートナーも概ね楽しかったみたいで、よかったよかった。

*1:6人用テント)に6人寝られるのがよくわかりました(笑)。外に出ると、上の子どもが寝転がってチーズをかじっています。まぁええやろ…。
朝ご飯をサクッと食べて、近くの川へ移動です。子どもたちは魚すくい。わたしはビーチベッドとパソコンとビールを持って原稿書きです(涙)。
天気のいい河原で寝転がって文章をひねっていると、それなりに出てくるものですね。でも、遠くから見ると何をしているように見えたかなぁ…。実は、本人としては、これも目的だったんですけどね((家にいると文章が出てきませんねん。ちなみに、一番出てくるのは、どこかに行く電車の中だったりします。

*2:ずっと上の子どもと口頭ゲームをしていたので

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。