夜は、大阪市内でクリエイティブな人たちが集まって異種格闘技戦的な話を楽しむ会”で高座。
とにかく主催者の人からは「楽しませてくれたらいい」ということでした。なので、トランスネタでもいいしスキーネタでもいいし数学ネタでもいいらしいです(爆)。でもまぁ、最近、なんか不調なので、今回の高座を浮上のきっかけにしたいな、と。なので、やっぱりいつものネタを披露することに決定。
夕方、新梅田食堂街でちょっとガソリンを補給して、会場へ。
で、話の方は…。かかった時間は2時間15分。う〜ん。やっぱり2時間を超してしまいましたか…。で、ウケの方は…。そこそこにウケたかな…。みなさん、サラリと聞き流すんじゃなくて、話を受けとめて、一度お腹の中まで落とし込んで、そこから反応するという感じ。すごくいい雰囲気でした。
終わってからの意見交流会でも貴重な話がいろいろでました。
ひとつは、「カテゴライズすることに意味があるのか」ということ。セクシュアリティについての説明の時に、いつも三橋さんのモデルを使わせていただいています*1。それに対して「そうやっていくつかの要素に分解したり、その要素の中を「女性〜男性」とすることに意味があるのか?」という提起があったんです。
たしかにそうなんですよね。ただ、性別の2分を前提に考えながらも混沌としている状態をうまく整理していくためには、ひとつの指標があった方がいい。それは、それぞれの要素であるし、そこにおかれた「実在ではない」「女性/男性」という指標であると思うんですよね。で、そうやって整理されたものを、ふたたび解体していく作業が必要になるんじゃないかなぁと思うんです。
で、もうひとつの貴重な提言は「間」。
いや、わたしの話がなぜ笑いにくいか。それは「間」であるという提言。いや、わかっていたんです。でも、その「間」がとれていない。そういえばそうです。最近なんだかあせりすぎているんですね。それは、時間の問題もそうだしウケの問題もそう。やはり、内容をもう少しスリム化させる必要があるんだなぁ。
なかなか刺激的な一晩でした。
で、帰りは最終阪急→最終地下鉄→最終バス。台風の影響はたいしたこともなく、無事帰れました。よかったよかった。

*1:ありがとうございます。でも、ほんとうに自分にとってピッタリとくるんです

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。