だれた授業

今日はなんか暑い!
生徒が暑い時は、教員も暑いんです。生徒がだれる季節は、教員もだれるんです。しかも、そんな日に限って問題をあてるのにだれた生徒があたります。もう、授業はダレダレ。
ところが、そういう時に限って、それなりに授業がうまくいくのが不思議なところ。
たぶん、無理をしていないからなんでしょうね。だれた空気とだれた時間の流れにうまく乗っていくと、生徒たちもわたしも、かえってスムーズな流れになります。
結局、「ここまで進めばめっけもの」と思っていたところまでいってしまいました。すげえよ。

だれた授業” に1件のコメントがあります

  1. 私、この季節、顔はもちろん、首、腕など日に当たる部位に、日焼け止め塗り捲りです。紫外線は、皮膚細胞を傷つけ、肌の老化を早め、百害あって一利なし。中年になってもきれいな肌は、日々のケアの積み重ねです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。